Nhk for school ふしぎ エンドレス。 「ふしぎエンドレス 理科4年」を使って反転学習で星について追究しよう

「ふしぎエンドレス 理科5年」で種子の発芽・成長に必要なものを調べよう

発芽に水は必要かどうかの実験で行った方法をもとに、実験計画を立てる。 ワーオ!の体から、またみんなが見つけたふしぎがとびだしてきました。 ヒマワリとホウセンカの育ち方をくらべると…。 ワークシートを用意する。 次時では、発芽に水が必要かどうかを調べるのですが、確認の意味でもう一度「発芽させるには?」の回を視聴し、実験計画の立案の仕方について再確認しました。 ホウセンカの葉。

>

「ふしぎエンドレス 理科5年」で種子の発芽・成長に必要なものを調べよう

どちらも、さいしょの葉と次に出てくる葉の形がちがうのがふしぎ。 葉に注目したら、形がちがうのがふしぎでした。 決まった学習課題は、ワークシートに記入するように促す。 また、グループ内で個々の考えた実験方法を検討し合ったり、他のグループのプレゼン発表と比較したりすることを通して、他者との考えを認め合い、その考えに共感したり、自分の考えを肯定したりすることができるようになりました。 その後は、番組の続きを視聴し、発芽に必要な条件を調べるための実験方法を確認しました。

>

植物の育ち方とからだ

どの方法が適しているかグループで話し合う。 実験結果をまとめ、発表する。 二 9 種子の中には、根やくき、葉になる部分があるのか、インゲンマメの種子の中のつくりを調べる。 番組内でも活用しているワークシートを用いて、番組と同じように計画を立てる。 授業の様子 まずは「発芽させるには?」の回を分断視聴しました(1分20秒まで)。 (中橋 雄). 冬の星も夏の星と同じ様に、東から西に動いていることが分かりました。

>

植物の育ち方とからだ

番組視聴と自分たちによる実験計画の立案・実行の流れを何度も繰り返すことで、児童も活動に慣れ、予想や計画の立案などを児童自ら考えられるようになり、自信をもってその後の活動に取り組めるようになりました。 5月初め。 グループで伝えあったことを学級で共有し、知識の補完を行う。 自分たちで実験計画を立て、それに沿って実験を行っていくことを伝える。 記入してきたワークシートや動画クリップをグループの子に見せながら、説明するように促す。 前時同様、ワークシートを活用する。

>

春になると?

分かったことをワークシートにまとめるように確認する。 4月5日ごろ。 ヒマワリの葉はどうでしょう。 主体的に学ぶ学習者を育てるために、どのような指導を授業時間内に行う必要があるか考える上で、参考になる実践だと思います。 どうしてでしょう? たとえば、ソメイヨシノというサクラ。

>

春になると?

番組全体のメッセージに着目しながら、教師の意図を明確にし、どのような形の視聴が良いのかを検討してみましょう。 番組内の実験方法をモデルとして扱えることで、動画視聴の後、「まずは真似して実験してみよう!」と教師から投げかけてみます。 」と児童のアイディアを引き出したり、なかなか考えが浮かばない児童の手助けになったりします。 どの方法が適しているかグループで話し合う。 星の動きは、夏と同じだろうか。 「学習課題」を明確にした上で、「学習計画」の見通しをもたせ、どの資料を調べるか考えさせます。

>

「ふしぎエンドレス 理科5年」で種子の発芽・成長に必要なものを調べよう

実験結果をタブレット端末のプレゼンテーションアプリを使ってまとめさせ、結果や考察を友達と話し合いながら再分析させる。 理科の学習において、『ふしぎエンドレス理科5年』を視聴することで、視覚的に理解を深められ、さらに実験方法を児童自らが考えるための手立てになると考えました。 冬の星の動きは、僕とCさんがやるよ。 函館は満開。 また、自分たちで実験方法を考えることで、児童同士の対話が自然と促され、科学的な見方・考え方の育成に繋がるのではないかと考えました。

>