垂直 落下 式 ブレーン バスター。 ブレーンバスター (ぶれーんばすたー)とは【ピクシブ百科事典】

キラー・カール・コックスのブレーンバスター

ヤングライオンと言われている人間、教育係……かもしれないけどさ、ただの、そんじょそこらの教育係じゃないぞ。 その為この技を使うレスラーにはやハヤブサらが居るが、本来の形での使い手は元祖であるキラー・カール・コックスと、そのコックスから直々にこの技を学んだの二人だけである。 タイチは「オラどうした」とうずくまるフィンレーの腕を蹴りつけていくが、フィンレーは痛む腕を押さえながらもエルボーで反撃。 昔は必殺技でしたが、今は繋ぎの技って感じでしょうか。 旋回方向はツイスターとは逆。 上んとこ目指して、ここに夢見てんじゃねーの? そういう思いで、俺はあえて思いっきり張り飛ばしてやりました。

>

DDT (プロレス技)

次はイシイ&ヤノだな? また手強い相手だが、俺たちが勝つに決まってる。 派生技としての体勢で担ぎ上げられた状態から相手の首に腕を巻きつけて、の形で相手をマットに打ち付ける変形式デスティーノが存在する。 悔しくて、頭おかしくなるな」 ヘナーレ「(先に棚橋が控室に戻った後、一人で)潔く負けを認め、前に進んでいこうと思う。 起源 [ ] 開発者はとされる。 だって、俺は8カ月もイシイと闘えるこの瞬間を待ち侘びていたんだ。 そこへ石井が突っ込んできショルダータックルでなぎ倒し、石井がサッカーボールキックを連打。 スライス・ブレッド式・DDT [ ] スライス・ブレッドDDT のオリジナル技。

>

キラー・カール・コックスのブレーンバスター

永田はハーフダウンの本間にミドルキックを連打していき、ショルダーアームブリーカーから辻にタッチ。 持ち上げるまではブレイン・バスターでそっからパイル・ドライバーに変化するとんでもない技です。 もちろん優勝だけで満足する俺たちじゃないがな」 タマ「SANADA、お前のスカルエンドは強烈だな。 海外では「 スリングショット・スープレックス(Slingshot suplex)」と呼称される。 4月18日、原はの後楽園ホール大会において、に雪崩式ブレーンバスターを成功させて正真正銘の初披露になった。 ジュースのナックルからフィンレーがPrima Nocta、ジュースのパルプフリクションが決まり、ジュースがザックにパルプフリクション、フィンレーがタイチにACID DROPを同時に叩き込む競演を見せてこれで3カウント。

>

ブレーンバスター (ぶれーんばすたー)とは【ピクシブ百科事典】

コリエンド式・デスティーノ のオリジナル技。 両者ポジションを奪い合い、タマのバックドロップを背面着地したSANADAへガンスタンを発射も、SANADAがこれをキャッチしてドラゴンスリーパー。 そして、一般的に使われた相手を背中から落とすブレーンバスターの元祖はカリプス・ハリケーンであると言うのが定説だが、実際はこの技はコックスとハリケーンが共同開発し、垂直落下式は危険ということで、ハリケーンは相手を背中から落とすスタイルをつかったが、コックスは危険な垂直落下式を愛用したのだ・・・というコックス自身のインタビューを読んだことがある。 その呼称通り、頭部に強い衝撃を与える技である。 今日はコーラクエンのメインイベントでチャンピオンチームと闘って、俺たちのほうが強いってことを結果でキッチリ証明してやった。 現代に原型タイプを説得力のある技として蘇らせてくれています。 リバースDDT [ ] コーナーポストから相手の首を抱え下後方へ落ちるリバースDDT。

>

ブレーンバスターとは (ブレーンバスターとは) [単語記事]

無法地帯となったリングに邪道が竹刀を持って上がってくるが、鷹木がナックルで撃退し、タマにもナックル連打しパンピングボンバー。 がに雪崩式を仕掛けた際に橋本が起き上がれず、蝶野が先に立ち上がり、橋本をフォールする展開があった。 空いた片腕で相手の腹をして逃れる。 パラダイムシフト 【使用者】 WWE時代は、 ダーティ・ディーズの技名で使用、新日本プロレス参戦時は デスライダーの技名で使用、2019年AEW入団後は パラダイムシフトの技名で使用している。 それと写真のはどっちかといえばハーフハッチ・スープレックスに近いかな? ちなみに次に紹介するDDTはこの技の派生になります。

>

垂直落下式

・・・・・・ってそもそもから落とす時点でブレーンバスターと呼ぶにはがあるのだが、技の入り方から途中までが似通っているからが全部ひっくるめて「ブレーンバスター」と呼んでしまうのも仕方ないかもしれない。 スタイナー・スクリュー・ドライバー そう考えるとこの技もブレーンバスターの派生系といえますね。 - DDR(デンジャラス・ドライバー・雷神)の名称で使用。 タイチにタッチ。 今日はヘッドバットやスピニング・ヒール ・キックといった技を初めてリングで披露できたし、イシイを限界ギリギリまで追い詰めてやった。 たぶん、世界のプロレスとかで実況アナウンサーが滞空時間の長いこの技を「 BRAAAAAAAAAAIN BUSTERRRRR」って言うのを、我々日本人の和製英語脳が「ブレーンバスター」と聞き違えたのが原因でしょうね。

>