山陽 本線。 山陽本線1975年

JR山陽本線 駅・路線図から地図を検索|マピオン

これにより、倉敷駅以西を走る定期優等列車の設定が無くなる。 関西から九州へ向かう夜行急行列車が誕生した。 24 1989年4月 古山善之助『蒸機全盛時代の国鉄の特急・急行列車VI』P. 概要 [ ] 神戸駅を終点とするを西に延長する形で、から・・・・・などの瀬戸内海沿いの各主要都市を経由し、のに至る路線である。 この駅からはが北に延びているのが見える。 「 彗星」(すいせい) 天体の「」にちなむ。

>

山陽本線 運行状況に関する今・現在・リアルタイム情報|ナウティス

項目名:連続立体交差推進事業。 東海道本線のから続いた複々線は次ので終わり、この先は複線となって真っ直ぐ北西方向を向いて走る。 また、は翌(昭和62年)4月にによる発足も控えていたので、国鉄最後の大規模改正であるとともに分割民営化を前提としたものとなり、全国的に「地域密着型ダイヤ」というべき普通列車の増発が行われた。 まず、「安芸」が、急行から特急に格上げられたもののさほどスピードアップしなかったことで実質的な「値上げ」と利用客に受け取られたことや、呉線内での時間帯の悪さなどが原因で利用客が低迷したことから廃止された。 網干線直通列車廃止• 徒歩1時間。

>

お立ち台通信―鉄道写真撮影地ガイド データベース|鉄道ホビダス

国道2号線伊部東交差点より同374号線を北へ約20分。 以下に大別される。 (昭和37年)4月 広島以西に重点を置いた時間帯設定であった「周防」の利用率が高かったことから、その増発も兼ねて広島駅 - 下関駅間に準急「 やしろ」新設。 不定期では、大阪駅 - 博多駅間に「 はやとも」、大阪駅 - 間に「 第2日向」、大阪駅 - 長崎駅間に「 第2玄海」が新設。 山陽線の貨物列車発着のある駅は、・・・・広島貨物ターミナル駅・・・・・下関駅である。

>

山陽電気鉄道本線

そしてこのころが、戦前の鉄道黄金期であった。 【列車の混雑状況、駅のご利用状況について】 主な線区・区間の列車の時間帯別の混雑状況および主な駅のご利用状況(京阪神エリア、岡山、広島)については、をご覧ください。 54-55• (昭和31年)11月 東海道本線の全線完成。 マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。 休止中の種別 [ ] 急行 [ ] 主要集落最寄駅に停車する種別であったが、沿線の人口増で各駅の利用者数に大きな格差がなくなり、主要駅に停車する特急と各駅に停車する普通の組合せによる連携ダイヤに吸収される形で縮小され、1984年より運転されなくなっている。 。 右の車両は、岡山~福山を結ぶ 「快速サンライナー」の117系。

>

山陽本線 運行状況に関する今・現在・リアルタイム情報|ナウティス

「筑紫」は鹿児島駅までの運転となり、夜に出発して翌々日朝に目的地に到着するという 夜行二泊の列車となった。 2016年3月26日のダイヤ改正で福山駅 - 糸崎駅間、および由宇駅 - 徳山駅間にも運用範囲を拡大。 駅でのLED発車標の表示では、神戸高速線では「S」のみ緑文字で「特急」は赤文字、山陽電鉄線内では3色LED表示では緑文字で、フルカラー表示では緑地に白抜き文字で表示される。 この列車に乗るには乗車券の他にを必要とし、山陽本線では初の有料速達列車となった。 「 音戸」は下関駅まで運行区間を延長。 ただし2427Dは根室本線が台風により一部区間が不通となっているため、新得発釧路行きでの運転となっており、実際に運転している距離は369Mのほうが長い。 (昭和48年)3月 「みどり」、岡山駅 - 大分駅間に1往復新設し、2往復に。

>

お立ち台通信―鉄道写真撮影地ガイド データベース|鉄道ホビダス

307・308列車 大阪駅 - 広島駅(呉線経由)。 6の勾配と半径300mの急曲線が散在しているため、スピードアップの大きな障害となっている(沿線風景のも参照)。 (昭和9年)• 最高速度:• 魚住駅営業再開• 「 あさかぜ」 東京駅 - 博多駅。 普通(阪神普通) [ ] 阪神特急用の急行系車両の送り込みを兼ねる形で、阪神神戸三宮駅 - 東須磨駅・須磨浦公園駅間で運行される。 ・、を過ぎるとを渡り、を過ぎて市街地に入りに至る。

>