ふくしま 県民 の 森 フォレスト パーク あだたら。 フォレストパークあだたら 〜 2019お盆ソロキャン・衝撃の巨大フィールド(最終回)│少人数ファミリーキャンプ入門

特別取材Vol.1|ふくしま県民の森フォレストパークあだたら|空気が全く違うキャンプ場

カヌーボート• 早朝出発の遠征キャンプも、15時過ぎでようやく一息・・・ いや〜、年々思いますが、ほんとキャンプは準備が大変ですな〜。 プール• キャンプ場から15分ほど手前の、これまた超巨大スケールのスーパー PLANT-5への到着時刻は9:20でした。 フォレストパークあだたらは、場内通路が完璧に整備されたキャンプ場ですが、 それ以外の場所は、自然の森が色濃く残っています。 ロッジ・ログハウス・コテージ• 同キャンプ場の全てのテントサイトは、小砂利(ビリ)が敷きつめられた地面なので、水捌けの良さも嬉しいポイント! 設備充実の快適なコテージ。 <あらまし> 位置 耶麻郡猪苗代町天鏡台区域 面積 55.6ヘクタール 県有地 主要施設 休息施設等 休憩室、管理人室、トイレ 、昭和の広場 芝生と松林 、未来への広場 芝生 、昭和の路・春秋の路 散策路 、ロッカリー、駐車場など <開園案内> 開園期間 4月下旬から11月30日まで利用時間 午前8時30分から午後5時まで入園料等無料 <問い合わせ先> 昭和の森管理事務所 Tel 0242-62-4799 福島県総合緑化センター・逢瀬公園 福島県総合緑化センターは、県土の緑化及び県民の緑化意識の高揚を図るとともに、県民に健全な保健休養の場を提供し、もって県民生活の福祉の向上に繋げるために設置しました。 もりのガイドやクラフトなど、フォレストパークあだたらがご提供するいろいろなプログラムに参加すると、今まで経験したことのない森林の楽しみや恵みに気づくことができます。

>

フォレストパークあだたら 〜 2019お盆ソロキャン・衝撃の巨大フィールド(1)│少人数ファミリーキャンプ入門

同キャンプ場の高台の森には、20棟のコテージがあります。 ゴミ捨て• 森林(もり)を体験できる遊歩道 キャンプ場内には木漏れ日が気持ちいい遊歩道が整備され、キャンプ場内の森林(もり)を散策することもできます。 立派な流し台のシンクがついた炊事場。 会員になると、割引や先行予約特典などの特典もある。 途中、高速SAで2回ほどゆっくりと寄り道をしましたが、 早朝(5:30)出発が奏功(災い?)し、やっぱり早く着き過ぎちゃったな〜(苦笑) PLANT-5は、噂通り、めちゃくちゃ巨大で、買い物に異常に時間がかかるお店でした。

>

森林とのふれあい施設

「森林(もり)との共生」 「もっと森林と仲良くなりたい。 Gサイトの端は、見晴らしが良さそうでしたが、 逆に風の日には、かなり吹きっさらしになりそうな印象でした。 。 クラフト体験• 薪ストーブやエアコン、オーブンレンジや冷蔵庫、テレビも備え付けられていているから、別荘感覚で利用できます。 サポートセンターでは、皆さんの森林づくり運動への参加を支援するため、次の業務を行っています。

>

フォレストパークあだたら 〜 2019お盆ソロキャン・衝撃の巨大フィールド(最終回)│少人数ファミリーキャンプ入門

キャラバンサイト サイト内に水道と排水設備があるキャンピングカー、キャンピングトレーラー向けの広々としたサイト。 キャンプ用品もOD缶をはじめとして、ちょっとしたスポオソ程度(それよりは少ないかな?)は、 置いてありました。 居心地の良いフィールドを備えた【フォレストパークあだたら】。 長い旅路の末に辿り着いたのは、フリーサイトと思しきエリア・・・ ここが、最奥のGサイトでした。 キャンプ場内に5か所のサテライトハウス センターハウスのほかにサテライトハウスと呼ばれる炊事場、トイレ、シャワー、自販機、ゴミ置き場の機能を持った炊事棟が5か所設置されています。 その広さは約4万㎡もあり、場内の宿泊施設はバリエーション豊富。 ふくしま県民の森「フォレストパークあだたら」は、「森林(もり)との共生=フォレスト・エコ・ライフ」を推進するために整備された福島県の施設です。

>

森林とのふれあい施設

フリーサイト• 福島県の名山「安達太良山」の麓に位置するフォレストパークあだたらは、広大な森林公園内のキャンプ場。 夜になっても、時折強風が吹いていましたが、 マイサイトでの、風被害は皆無。 バーベキュー施設• 事前に確認してキャンプ場を予約しましょう。 森林づくり活動に必要な機材の貸出 これからも、サポートセンターへの情報提供や積極的な活用をお願いします。 豊かな自然の中、森林学習施設や、森林で、自然と触れ合う様々なプログラムを体験することが出来ます。

>

フォレストパークあだたら 〜 2019お盆ソロキャン・衝撃の巨大フィールド(最終回)│少人数ファミリーキャンプ入門

お値段は2泊ソロで、11,500円ほど。 木工クラフトやハチミツ収穫など、体験プログラムも豊富にあって、普段の生活では経験できない外遊びを満喫できるのも魅力。 しっかり管理されていて、不安は少ない。 管理棟• 味覚狩り• 泉質と森の眺めが自慢の天然温泉も満喫でき、キャンプ場利用者は無料で何度も利用できる。 こうして、月が明るかった2日目の夜も、平穏に更けていきました。 に残っていた氷を全投入して、アイスコーヒーを淹れてみます。 シャワー 温水• ハイキング・トレッキング• 薪は、なかなか立派な広葉樹薪が、690円で売っていましたので、 こちらを購入。

>