ゴダイゴ ガンダーラ。 「ガンダーラは、ゴダイゴ初の……の曲だった」

ガンダーラ (曲)

2015年(平成27年)• 10月21日、芸能山城組によって、『少年達への地球賛歌』の収録曲としてカバーされた。 この年、マキシシングル2枚とDVD1枚をリリースした。 挿入歌として使用されたタケカワヴォーカル曲も、2曲収録されている。 子供たちは転がる岩をドキドキしながら見ていたものです。 1月26日、竜小太郎によって、『コレクション1』の収録曲としてカバーされた。

>

「ガンダーラは、ゴダイゴ初の……の曲だった」

歌手: 作詞: 作曲: そこに行けば どんな夢もかなうというよ 誰もみな行きたがるが 遥かな世界 その国の名はガンダーラ 何処かにあるユートピア どうしたら行けるのだろう 教えて欲しい In Gandhara, Gandhara They say it was in India Gandhara, Gandhara 愛の国 ガンダーラ 生きることの 苦しみさえ消えるというよ 旅立った人はいるが あまりにも遠い 自由なそのガンダーラ 素晴らしいユートピア 心の中に生きる 幻なのか In Gandhara, Gandhara They say it was in India Gandhara, Gandhara 愛の国 ガンダーラ In Gandhara, Gandhara They say it was in India Gandhara, Gandhara 愛の国 ガンダーラ In Gandhara, Gandhara They say it was in India Gandhara, Gandhara 愛の国 ガンダーラ. - 2003年4月1日開校(補作詞・作曲) 書籍 [ ]• でも…………実はガンダーラであった場所はインドにはありません。 B面はバレーボール全日本男子応援歌。 にのCMソング「僕たちの愛」を発表、同年には自己のヒット曲をメドレーにしたシングル「ガンダーラ伝説」が、ゴダイゴを知らない世代で話題となり、ヒットチャートの上位にランクインされる。 また「」「ハピネス」(タケカワのソロ名義)「はるかな旅へ」「銀河鉄道999」の4曲が同時にトップ20にランクインするなどヒットを連発した。 『』(1999年10月21日) 1999年の再結成時に発表されたオリジナル・アルバム。 HPで公開された。 『ベスト・ソングス(ゴダイゴ・ベスト・アルバム)』(1992年10月21日) 1986年2月発売の『ベスト・コレクション』の曲数を減らし、廉価版として再発売された。

>

ガンダーラ (曲)

にはパルティアはイラン東部を支配下に収め、頃にはアフガニスタンに残る最後のギリシャ人勢力を駆逐した。 CMソンググラフティ [ ] ゴダイゴはCMに楽曲を多数提供しており、代表的なものとしては、1976年に化粧品のCMに使用された「僕のサラダガール」、1977年のミラージュボウル(同年12月11日開催)のテーマ曲である「ミラージュのテーマ」、1979年のビールのCMに使われた「ハピネス」や・のCM曲「マジック・カプセル」などがある。 」と歌われており、歌詞カードを追認的に合わせたとも言える。 2002年(平成14年)• HPで公開されていた。 6月21日、タケカワユキヒデによって、12インチシングル『MONKEY MAGIC 1999 for DJ』の収録曲としてセルフカバーされた。

>

ゴダイゴ

Disc4:『ゴダイゴ in 東大寺』 2006年ユニバーサルミュージックより発売 DVD 2006年、ゴダイゴは恒久的な再結成を宣言。 このライブは、東京芸術劇場での初のロックライブとなった。 今ではある程度得意であるが、意外にもデビュー当時は英語が苦手だった。 GODIEGO CONCERT 2012(渋谷公会堂、ハーモニーホール座間)2012年11月• 5月17日、ゴダイゴが「」としてセルフカバーした。 HPで公開された。

>

インドじゃない?!ゴダイゴが描くユートピア「ガンダーラ」を探して

『西遊記 MAGIC MONKEY 』 1978年10月25日発売。 1970年代終盤は、久保田早紀の『異邦人』に代表されるような、シルクロードを連想させる無国籍ソングが流行しました。 『GODIEGO 2007 TOKYO 新創世紀』 DVD 東京芸術劇場で行われた総勢80人参加のコンサート。 『』(1979年10月25日) 群馬県民会館(1979年4月26日)、大宮市民会館(1979年7月27日)、東京晴海貿易センター(1979年8月24日)の音源をまとめたものである。 8月18日、TAKA KAWASHIMAによって、『80 Dramatic Smooth Jazz Selection』の収録曲としてカバーされた。 1953-10-03 (67歳) スティーヴ 脱退 復帰 1952-12-20 (67歳) トミー 加入 1957-01-31 (63歳) 東京都 洋治 ギター、ベース 1980年加入 復帰 1954-01-20 (66歳) 東京都豊島区 良治 ドラムス 1977年脱退 来歴 [ ]• コンピレーション盤「CMの達人〜傑作CM音楽集〜」にも収録されている。 2月7日、によって、『』の収録曲としてカバーされた。

>

ガンダーラ (曲)

このため本アルバムのアレンジは、タケカワのデモテープをバンドとして再現することを主眼として行われた。 3月3日、FULL OF HARMONYによって、『EXCLUSIVE』のカップリング曲として「MONKEY MAGIC〜三蔵FOH師の巻〜」のタイトルでカバーされた。 非売品CD。 日本でこの曲が聞けるのは、アルバム『』(と同曲を収録したゴダイゴのベスト版)のみである。 それまでは全詞英語の曲ばかり歌っていたゴダイゴにとって「ガンダーラ」は初の日本語詞曲のシングルであった。 秘蔵音源シリーズとして、ライヴのアンコール・コーナーでのピアノ弾き語りを配信した。

>

ゴダイゴ ガンダーラ 歌詞&動画視聴

のシングルと言う解釈からか「赤い狩人」は収録されていないが、の「ハウスのふたり -ハウス愛のテーマ-」は収録されている。 CDシングル、EP、シングル・カセットで発売された。 同年、主演映画「」の主題歌の作曲を手がけた。 岸本が5曲の編曲を担当。 」と「銀河鉄道999」を、アンコールで再度「銀河鉄道999」を歌っている。 本アルバムから、トミー・スナイダーが加入した。 サラダな家族(、1995年11月)• 「生きて、死んで、また生きる」つまり不死鳥、復権した後醍醐天皇、七転び八起き、あるいはがイメージできることからミッキー吉野も同意したという。

>