インフォ デミック と は。 インフォデミックとは?新型肺炎(新型コロナウイルス)の虚偽情報にグーグルやフェイスブックも対応を始める|エンタメ ニッポン

デマはウィルスより速く世界に拡散する――情報の感染爆発とは何か(六辻彰二)

2016年 4月の熊本地震直後に、神奈川県内の男性(当時 20歳)が「動物園からライオン放たれた」とツイッターに投稿し、熊本市民を混乱させた事件があった。 DTTLおよびDTTLの各メンバーファームならびに関係法人は、自らの作為および不作為についてのみ責任を負い、互いに他のファームまたは関係法人の作為および不作為について責任を負うものではありません。 WHOは、研究開発の加速を支援しています。 手洗いは大腸菌やサルモネラ菌など、様々な細菌の伝染を防ぎます。 「え、うっそー、まさかのそっち系?! 例えば、SNSを通じて自社の商品・広告等の情報が広く拡散されることを期待する企業は多いが、SNS上の情報は、上述のような特性ゆえにコントロールが非常に難しい。 SNSが発展した現代において、あなたの投稿もインフォデミックのきっかけになる可能性があるということを忘れてはなりません。

>

新型コロナで見えた「インフォデミック」の深刻さ 偽情報の氾濫で喜ぶのは誰か:朝日新聞GLOBE+

「もし私が今日言っていることが今、もしくは私の死後に誤りであることが判明したら、(日本)政府は私のノーベル賞を取り下げることができます。 このように、「情報伝達力」の向上は、パンデミックの状況下において我々に有益な情報をもたらすと同時に、インフォデミックのような副作用ももたらす二面性を持つ。 3ゼタバイト(ZB)に達する。 特に、直近約20年間(SARS流行時~現在)の伸びを牽引しているのは、やはりSNSの普及である。 飛ぶもので食べないものは飛行機だけ」 などと言われてきたし、有名な『美味しんぼ』という漫画(雁屋哲・原作 花咲アキラ・画 小学館)でも、その「食に対する情熱」が幾度となく賞賛されていたが、世界中の観光地で中国人の姿を見かけないことはない、という昨今であれば猶更のこと、衛生管理にも少しは情熱を傾けてほしいものだ。 パンデミックの例ではないが、2011年の東日本大震災発生時、被災地では電話が繋がりにくい状況が続き、SNSを通した情報発信や安否確認が活発に行われた。 WHOの感染症対策の専門家シルビー・ブリアン氏によると、黄熱病が流行した際には「ワクチン接種をすると1週間ビールが飲めない」とのうわさが流れ、接種をする人が減ったという。

>

「インフォデミック」とは?回避するため注意したいこと

「コロナウィルスかかってるかも. デマには2種類ある とはいえ、インフォデミックの抑制には、情報の管理者だけでなく受け手にもデマに振り回されないための対策が必要だろう。 むしろ、肌に化学物質を塗るのは危険です。 ちなみに、どちらかというと予防より拡散防止に有用らしい。 そこでH2HネットワークはBBCや各国のヘルスケア専門のインフルエンサーと協力して、特にフェイクニュースへの感度の高い若年層へ働きかける。 ただしポータルサイトやニュース系アプリ・サイトの利用はすべての年齢で同じ程度利用されていた。 総務省「平成29年度版情報通信白書」によると、世界のデータトラフィック量は10年で6倍以上増大が予測されています。

>

デジタル時代のメディアリテラシー向上でインフォデミックに対抗する

新型コロナウイルスに関しては、「マスクとトイレットペーパーの原料は同じ」「新型肺炎の影響でトイレットペーパーが今後なくなる」といったフェイクニュースが拡散したことによって、実際にトイレットペーパーを買いだめする人が殺到し、トイレットペーパーだけでなく類似商品まで品薄を招いたことは記憶に新しい。 テレビ・ラジオをはじめとするマスメディアの普及やインターネットの登場等により、各種メディアを通じた情報伝達力がこの約1世紀で爆発的に増大したことが読み取れる。 世界保健機関(WHO)は、新型コロナウイルスに関する誤情報やフェイクニュース(偽情報)が大量に拡散する状態を「インフォデミック」と呼び、新型コロナウイルスの拡散(パンデミック)と同様に強い警鐘を鳴らしている。 インドではSNSの偽情報を信じた多くの人々がウシの尿を飲んだり、糞の風呂に入った。 新型肺炎を巡っては、カナダで公立校の保護者らが中国から帰国した児童・生徒の隔離を求めたり、ローマの音楽院が「(日本人を含む)東洋人の学生に対するレッスンを中止する」と発表したりする動きが起きている。

>

新型コロナウイルス感染拡大下の日本人の情報収集行動~デジタル空間での「インフォデミック」抑止にも注力を~

同様に、うがい薬などほかの商品についても、根拠のない情報による買い占めが多く起こっている。 中国国内では人民の情報統制の考えからGoogleやYahooなどの検索エンジンが使用できず「百度」といったような中国独自の検索エンジンが採用されていますが、いずれ中国国内でも虚偽情報の取締が行われるでしょう。 ここで、飛躍的に発展した「情報伝達力」が、現在のパンデミックの状況下で我々にもたらす意味合いについて考えていきたい。 それでも 4割の高校生は、情報源を確認して真偽を見極めることをせず、「生物は放射能の影響でしばしば奇形になる」という先入観を頼りに、偽の写真を本物と信じた。 その、勉強を始めたばかりの時に、有村架純演じるヒロイン(役名・さやか)が、英文読解の問題で、まずもって質問の意味が分からない、と言い出す。 WHOは、東南アジアやアフリカを中心に拡散している誤情報について、感染被害拡大の危険がある「インフォデミック」として警告している。

>

インフォデミックとは?新型肺炎(新型コロナウイルス)の虚偽情報にグーグルやフェイスブックも対応を始める|エンタメ ニッポン

。 他人任せの解決策になってしまうが、メディアの矜持に期待したい。 軽い気持ちでフェイクニュースを発信する人は、これからも後を絶たないに違いない。 ども、Tomonaritです。 また、情報収集にTwitter等のSNSを利用する若年層であっても、新型コロナウイルス感染拡大に関して「まとまった情報を正確に知りたい場合」は、SNSを使用しない人が多いことが示された(図4)。 手紙や小包のような物体の上で、新型コロナウイルスは長時間生き残らないことがわかっています。 インフォデミックに対する懸念の高まりを受け、主要SNS各社は、「誤った情報の拡散を防ぐための対策を講じる」との共同声明を発表し、WHOやアメリカ政府などとの連携を開始した。

>