阿川 泰子。 阿川泰子 NEW YORK STATE OF MIND 歌詞&動画視聴

阿川泰子の現在は?夫や結婚は?オシャレ3030に驚愕のゲストが登場!

"Night Line"(ナイト・ライン)(『ナイト・ライン』(1983年)所収)ほか多数• でも、結婚はしているのでしょうか? 調べてみたところ、結婚は一度もしていないようです。 ソフト・ウイングス - SOFT WINGS (1982年 ビクター)(「」録音、ライブ)• 受験がありますから、お勉強の方も 優秀だったと思われますが、 椙山女学園中学校は水泳も強豪校で 私立の女子中学校に進学したのは ご自身の夢を叶える最善の選択だったようです。 その大豪邸の場所は、生まれ故郷の鎌倉だそうです。 銀座の「ファンファン」でジャズと出会ったのは1973年 デビューの5年前、つまり21歳の頃でした。 『ECHOES』郡司大地撮影、ビクターブックス、1996年。 をのせよう• 実は高校時代には水泳部に入っていたのです。

>

阿川泰子 NEW YORK STATE OF MIND 歌詞&動画視聴

そして1980年にはぴょうしたアルバム 『JOURNEY』が9万枚のセールスを記録したのです。 これからも歌い続けて、生まれたときに授かった命を、最後まで丁寧に使いきりたいと思います。 阿川泰子の現在は? 阿川泰子はここ数年、CDなどの発売はしていません。 司会はアナウンサーの古舘伊知郎と ジャズシンガーの阿川泰子という異色の組み合わせが受けました。 それからはめきめきと頭角を現して、著名なミュージシャンたちとセッションを重ねたのです。

>

うたまっぷ歌詞検索/歌手:阿川泰子/歌詞一覧

阿川泰子さんの健康法は「食べる&ウォーキング」 まず、ライブで2時間近く歌い続ける体力を維持するためには「よく食べる」そうです。 に「ヤスコ/ラブバード」で歌手デビュー。 そんな中、1980年秋に出した四枚目のアルバム『JOURNEY』は サラリーマンを中心に9万枚のセールスを記録。 阿川泰子さんのプロフィール 本名は「佐藤康子」さん。 第14話「猛り狂うぞ! 録音)• (1973年 東宝)巡礼の旅に出る老人・浜村純の娘 役• 女優を目指し、文学座で演劇を学び、 同期生には、松田優作、高橋洋子、1年上に桃井かおりが在籍していたとのこと。 ちなみに阿川泰子さんは結婚歴は 一度もないようです。 で更に人気アップしよう• ファイン - Fine! ゲスト陣とのトークに加え毎週1曲、のべ360曲を披露する。

>

阿川泰子 NEW YORK STATE OF MIND 歌詞&動画視聴

やはり生まれ故郷って誰にとっても良いところなんでしょうね! 昔のように忙しくというより、ある意味、悠々自適の生活に近いようです。 お届け時間帯のご指定可• 当時は「都会の子っぽい気がする」なる理由でのファンと話していた が、今は熱狂的なのファンらしく雑誌に巨人観戦記のような記事が載る。 その曲数は、延べ360曲にまでなったのです。 ここ数年は猫2匹がパートナーだとのことです。 ジャーニー - JOURNEY (1980年 ビクター)• ヤスコ・ラブ・バード - Yasuko "Love-Bird" (1978年 )• 「自己暗示って大切ですね」とおっしゃってます。

>

阿川泰子の現在は?夫や結婚は?オシャレ3030に驚愕のゲストが登場!

本番中に歌詞を忘れそうになった時でも、「あの人がうまくこなしてくれる!」 と暗示すると不思議とこなしてくれるとのこと。 スウィート・メニュー - SWEET MENU (1980年 ビクター)• (1990年 日本ジーンズメーカー協議会主催)• 運動=散策ウォーキングを、ほとんど毎日、一時間くらい楽しんでいるようです。 関連項目 [ ]• オシャレ30・30での発言• 2013年の「爆報!THEフライデー」で紹介された阿川泰子は、 大豪邸に一人で住んでいるようです。 スタンダード曲を現代的なアレンジで歌うコンセプトが受け、その声質から「シュガー・ボイス」と呼ばれ、曲のCM起用や自らも出演することで、ジャズ・ボーカルの分野でアイドル的な人気を獲得する。 この番組で阿川泰子は毎回1曲歌を歌っていました。 歩きながらだと、さまざまに変化していく風景を見ながら、自分の世界に入り込めるので 歌詞も覚えやすい気がするとのこと。 また、 1987年~1994年には日本テレビ系のトーク番組「オシャレ30・30」にレギュラー出演。

>

阿川泰子(ジャズシンガー)の現在。その健康法とあがり症克服法とは?

それでは、CDジャケットに見る 阿川泰子さんの顔画像のいま昔を見てみましょう。 それまでの最高はで5万枚といわれていたため、9万枚という売上げは異例であった。 鎌倉の洋画家の一人娘として生まれ、小学校3年からで育つ。 会場:大手町「日経ホール」• タイトル: 「WOMEN in JAZZ Vol. この当時のジャズと言えば、ボーカルが入っているものであっても 1万5千枚売れるのがせいぜいでしたが、阿川泰子はそれを大きく上回ったのでした。 六本木や赤坂のライブ・スポットで活躍をします。

>