日本 海 新聞。 「日本海」単独表記、国際機関が指針維持を正式決定(読売新聞オンライン)

「日本海」の単独表記、IHO暫定承認 東海併記主張に:朝日新聞デジタル

購読料金 [ ] 現在の料金になる前の購読料金(1部即売80円、1か月月極1995円)は朝刊を発行する全国の主要紙の中で最も安く、そのことは「日本一安い新聞」として販促活動を始め様々な場面でアピールの材料に使われていた。 2000年(平成12年)10月、で夕刊紙「」を発行していた大阪日日新聞社(買収後の2002年(平成14年)10月に社名を「ザ・プレス大阪」に変更)を買収し、傘下に収める。 との経営統合(後述)後は両紙で一部紙面を共有するほか、日本海新聞主催イベントの記事や鳥取県関連の記事・特集などが大阪日日に掲載されるケースも増えつつある。 。 鳥取版は単に「<テレビ>」だけであるが、但馬版と、大阪日日(大阪本社)はそれぞれ「<但馬テレビ>」「<大阪テレビ>」となっている。 最終面のメインテレビ面はNHK()Eテレ・総合、、、、、サンテレビをフルサイズ、NHKBS1・BSプレミアムをハーフサイズ、WOWOWプライムを小サイズで掲載している。 ありがとう』とJRにお礼を言って廃止してもらっても、影響は小さいのではないか」として廃止を提案するものだった。

>

「日本海」の単独表記、IHO暫定承認 東海併記主張に:朝日新聞デジタル

また、記事を書いた佐伯記者は「10億円単位の赤字路線」であることには変わりないとしている。 2008年(平成20年)4月には宅配も1か月2,100円に値上げしたため、日本海新聞が再び日本一安い新聞となった。 <出典・引用> Image:U. 1997年11月11日• それだけに、政府は今回の事務局長案に「『東海』という言葉が一つも入らなかったことは、日本の訴えの成果だ」(外務省幹部)と 安堵 ( あんど )している。 一時休刊 するも、鳥取県で紳士服や不動産の会社を運営する実業家・のグループが再建スポンサーとなり、受け皿として設立された新日本海新聞社から翌1976年(昭和51年)5月1日に復刊(号数を旧日本海新聞から継承)した。 日本でよく知られているのが、中国が領有を主張する南沙諸島や西沙諸島におけるものですが、中米ベネズエラ沖などでも行われているものです。

>

日本海新聞

しかし、僅か半年後に閉鎖・廃刊している。 またラジオ番組はNHK第1・第2・FM、BSS、FM山陰、(の周波数は非掲載)、(ワイドFMの周波数は非掲載)、(ワイドFMの周波数は非掲載)、、ニッポン、、、、ラジオNIKKEIを収録している。 2011年10月1日のWOWOW再編に伴い、最終面でWOWOWプライム(旧WOWOWデジタル)、中面でWOWOWライブ S2 とWOWOWシネマ S3 の番組欄を掲載するのに伴い、中面で掲載されていたと、 の3局の掲載を9月30日付で打ち切った。 『長い間ごくろうさま。 この版では、本編では「海潮音」だったコラムが「海鳴り」となるなど、本紙と似せた部分が多分にあった。

>

日本海新聞

鳥取県を中心として東部や北西部()も主要な配布地域としている。 1958年(昭和33年)には・等と共にを設立した。 また、(結果として頓挫に終わったものの)倉吉市の中部本社でも印刷を実施する試みがなされたことがある。 番組表 [ ] 鳥取県版 [ ]• 但馬版 [ ]• また、大阪日日の企画による「一日一笑 にちにち川柳」(読者投稿による)は日本海新聞にも大阪日日と同様1面に掲載されているほか、大阪日日が企画し、に不定期連載している「関西NOW」も同内容を掲載している。 日本海新聞本社ビル 種類 日刊紙 サイズ 事業者 本社 代表者 代表取締役社主兼社長 創刊 言語 価格 1部 110円 月極 2260円 発行数 16万3423部 (2019年4月、調べ ) ウェブサイト 株式会社 新日本海新聞社 Nihonkai Shimbun Company 本社所在地 〒680-8688 富安2-137 事業内容 日刊紙発行販売 設立 12月 業種 資本金 2億4000万円 従業員数 305人 主要子会社 日本海ディヴェロプメント グッドヒル 外部リンク 日本海新聞(にほんかいしんぶん)は、に本社を置くが発行する。 1943年(昭和18年)の、並びに1952年(昭和27年)の鳥取大火による本社消失中の間も休刊せずに新聞を発行した(なお、『山陰日日新聞』と題する新聞は、戦後の1946年(昭和21年)からも刊行されていたが、これも1963年(昭和38年)に日本海新聞に統合されている)。

>

アメリカ駆逐艦が日本海で「航行の自由作戦」 ロシアは失敗と発表もアメリカは否定

主張 [ ] 境線存続問題 [ ] 1997年(平成9年)10月7日付日本海新聞1面「鳥取発特報」に、佐伯健二記者の署名付きで「を廃止したらどうか」という主旨の記事が掲載された。 ロシアが領海であると主張している、日本海のピョートル大帝湾も当然「航行の自由作戦」の対象海域。 記事に対し、翌10月8日に(系、以下西労組)は電話で記事の撤回を要請、これに日本海新聞社が応じなかったため、同月末より西労組は同紙の不買運動を展開した。 中国・四国• ただ、韓国は近年、指針改訂による併記を目指して北朝鮮など各国に協調を働きかけ、国際社会では官民を挙げて主張を強めていたため、警戒感も漂っていた。 印刷所は、鳥取市の本社と米子市の西部本社の2か所。 日本海新聞 1997年10月7日 Internet Archive 2020年3月27日閲覧。

>

「日本海」の単独表記、IHO暫定承認 東海併記主張に:朝日新聞デジタル

アメリカ海軍の発表では、アメリカは「航行の自由作戦」を通じ、航海の自由と海の合法的な利用を支持するという姿勢を明らかにしている、としています。 その創刊号から歴史を数えており1983年(昭和58年)6月、全国でも有数の創刊100周年を迎え、記念特集号の発行や記念事業を行った。 (日本海新聞提供ニュースを放送 島根県ローカルニュースは提供)• 政府は、1992年に韓国が「 東海 ( トンヘ )」との併記の主張を始めて以降、「『日本海』は国際的に確立した唯一の呼称だ」として、IHOの指針や世界各国の古地図の調査結果などを根拠に、一貫して正当性を訴えてきた。 また過去にはの番組欄が中面フルサイズで掲載されていたが、WOWOW再編を含めたBS番組表見直しによる掲載スペースの都合で2011年9月30日をもって掲載終了となった。 ミリタリー/航空 日本海北部、ロシア沿海地方にあるピョートル大帝湾は、入り口の幅が約200km、奥行きが約80kmある日本海最大の湾。 加藤氏は「水路関連業務の利便性が向上される」と述べ、日本政府として評価、支持したことも明らかにした。

>

「日本海」の単独表記、IHO暫定承認 東海併記主張に:朝日新聞デジタル

国際法で認められた領海は海岸線から12海里(21. 1997年12月17日 関連放送局 [ ]• 東海・甲信越• 2014年4月1日には、消費税率改定に伴い現行価格に値上げした。 沿海地方最大の都市ウラジオストクは、ピョートル大帝湾に突き出したムラヴィヨフ半島の先端に位置します。 但馬版は2011年9月までフルサイズだったが、同10月から掲載をやめている。 購読料金は1部即売110円、1か月月極め2,260円。 (菊地直己). コスト削減を目指して、各地の販売店の店主が通信員(記者)を兼ねて地域ニュースを発信するという独特の方式を実施している。

>