ウルト エレクトロニクス。 WE Home

ウルト・エレクトロニクス・ジャパン株式会社 (神奈川県横浜市港北区)の企業情報

しかし、われわれの特徴である付加価値サービスを提供できる体制が日本にはなく、進出を諦めていた。 技術サポート力に強みがあり、「皆様が実現したい事」を最大限にバックアップいたします。 ロジスティックス• 複数部品の特性を波形比較可能• 産業機器を中心に白モノ家電や医療機器などの分野に特化しているからこそ、MOQを設定しないビジネスが可能だ」という。 世界に工場が多数あり、卓越した品質管理に定評があります。 簡単な操作方法• Our direct sales organization is active in. アプリケーションのイーサネット速度は最大10Gbit/s。

>

WE Home

さらに、テキサス・インスツルメンツ、アルテラ、リニアテクノロジー、NXPセミコンダクターズ、IDTなど欧米半導体メーカーが提供するリファレンスボードに標準部品としても多く採用され、「ICのリファレンスボードを見てもらえれば、ウルト・エレクトロニクの業界での地位を理解してもらえるだろう」と胸を張る。 With spread all over the globe, we guarantee , samples free of charge and the delivery of our components anywhere in the world. 表計算ソフトやデータベースを始めとするアプリケーションの使用が可能となるため、生産変更や出荷台数の管理、日報作成などが現場で行える。 新製品は、Windowsを搭載することでプログラマブル表示器の機能に加えて、情報処理端末で行う多くの作業を1台で行うことができる。 経済産業省と厚生労働省、総務省消防庁からなる石油コンビナート等災害防止3省連絡会議は「プラントにおける先進的AI事例集~AIプロジェクトの成果実現と課題突破の実践例~」をまとめて公開している。 創業以来ウルトは、人と人とのつながりを最も重視した「ダイレクト・セールス」という独自のスタイルを確立しました。 左は、ワイヤレス充電規格「Qi」に準拠し、産業機器、家電市場向けに展開するワイヤレス給電用コイル。

>

Würth Elektronik GmbH & Co. KG

同社はコロナ禍にあたり、4月から営業やマーケティング活動の… 石油コンビナート等災害防止3省連絡会議 「プラントにおける先進的AI事例集」 人手不足と生産性向上を両立するにはAIやロボット等のデジタルツールの活用が欠かせない。 右は、リニアテクノロジーとエナジーマイクロという半導体メーカー2社と連携して提供する環境発電向け開発キット (クリックで拡大) ウルト・エレクトロニク製品を扱うことになったアルティマも「リニアテクノロジーやIDTなどの評価ボードを販売する中で、評価ボードに標準部品として搭載されるウルト・エレクトロニクの受動部品を購入したいという声が多く、ようやく販売できる体制が整った。 With throughout the world, the IATF 16949-certified company is represented in all important markets and continents. 住所:神奈川県横浜市港北区新横浜2丁目18番5号 法人番号:1020002036460 提供データに関するご注意 カイシャリサーチ法人情報データベースは国税庁が提供する法人番号APIおよび経済産業省が提供する法人インフォAPIをベースに国や自治体の公表情報、公衆縦覧情報、登記、公告、企業サイト等によって一般公開されているデータ(事実に該当する部分、過去に一般公開された実績があるデータを含む) を当社が定義したデータモデルに従って収集・分析・加工し、当社の調査内容を加えた独自の企業情報データベースを構築しています。 ダイレクトセールスの最大のメリットは中間業者が入らない事です。 その優れたサポート体制によって、世界各国の様々な製品に多く採用されています。 EMC&インダクタ部門のグローバルディストリビューションマネージャを務めるLars Fahrbach氏は、「当社はミリタリー向けの販売は行わないものの、高い品質を要求される用途に対しては、ミリタリー向けの品質検査を実施するなど、不良率ゼロを目指したより厳しい品質検査を実施し、信頼獲得につなげている」という。 その優れたサポート体制によって、世界各国の様々な製品に多く採用されています。

>

ウルトグループ Wuerth Japan

日本語対応• また、高速CPUの搭載、高解像度液晶、PCAP(静電容量)タッチスイッチの採用により、視認性の向… パトライト(大阪市中央区)は、同社のウェブサイト内に、24時間365日常設で開催するオンライン展示会として、11月16日に「VIRTUAL EXPO」を開設した。 世界に工場が多数あり、小ロット対応や製造中止も少なく安心です。 世界に工場が多数あり、小ロット対応や製造中止も少なく安心です。 関連記事• おすすめ情報• ソフトウェアインストールは不要で、ブラウザで使用可能• ウルトジャパンはお客様とのダイレクトの接点を大切にします。 法人番号指定日 法人名 郵便番号 住所 法人種別 2015年10月5日 2220026 神奈川県横浜市港北区篠原町1118番地の10 有限会社 2015年10月5日 2220031 神奈川県横浜市港北区太尾町195番地 有限会社 2019年5月22日 2230061 神奈川県横浜市港北区日吉4丁目5番3号 合同会社 2020年4月24日 2220037 神奈川県横浜市港北区大倉山3丁目1-3-3E 合同会社 2015年10月5日 2230061 神奈川県横浜市港北区日吉6丁目3番19号 有限会社 2015年10月5日 2230056 神奈川県横浜市港北区新吉田町5338番地23 有限会社 2015年10月5日 2220033 神奈川県横浜市港北区新横浜2丁目2番地13-1001 有限会社 2015年10月5日 2220026 神奈川県横浜市港北区篠原町29番地ノ8 合資会社 2015年10月5日 2220001 神奈川県横浜市港北区樽町2丁目1番40号セザール綱島507室 株式会社 2015年10月5日 2230063 神奈川県横浜市港北区高田町1317番の30 有限会社. 対応応用分野• カタログなどの各種ドキュメントも自由にダウンロードできる。 まず、下記のURLをクリックしてください。 取扱店• 主要アナログメーカーのリファレンスとして広く採用されており、ワールドワイドでの実績が豊富にあります。

>

出展者詳細

TEL : 045-224-2145 FAX : 045-224-2156• ウルト・エレクトロニクのCEO(最高経営責任者)のThomas Schrott氏(右)とEMC&インダクタ部門のグローバルディストリビューションマネージャを務めるLars Fahrbach氏 「日本市場は、世界に名だたる競合メーカーが多数存在し、難しい市場であることは理解している。 また、モータースポーツ界でもその品質の高さを評価され、F1やWEC、APRC参戦チームに採用されてきました。 ウルト エレクトロニクの受動部品製品ラインアップ (クリックで拡大) 日本では実績のない同社だが、海外ではフェライト、インダクタ、トランスなどの大手受動部品メーカーであり、「地元欧州では、ノイズ対策用受動部品ではトップクラスのシェアであることを自負している」という。 また、多彩なパッケージで 300W まで対応可能なワイド電力レンジにより、汎用製品では賄えない仕様でも Midcom 製品であればお客様の様々なご用途に応じることが可能です。 オンライン• SPEは、IIoTおよびインダストリー4. 日本市場への進出は1987年、自動車向けの整備・補修用品の販売からスタートしました。 取扱店• スマートエネルギー• のサイトはこちら。 生産量の変動が大きく、納期や品質面などで、多くの顧客に迷惑をかける恐れが強いからだ。

>

「Würth Elektronik」の代理店・取扱店

TEL : 045-470-9870 FAX : 045-470-9867• 事業内容 半導体・集積回路等の電子部品の輸出入、販売、加工。 AIを活用したプラント保…. Our particular strength lies in the focus on. 廃盤が極めて少なく長期供給が可能、MOQ 最小注文数量 以下での販売も対応、無償サンプルの提供等の特徴があります。 最先端のソリューションプロバイダーへ マクニカ アルティマ カンパニーは、世界で有数な海外の「電子部品」や「システム サーバ、ネットワーク 」などを国内のお客様にご提供する技術商社です。 我々にとっても最も重要なマーケティングの焦点はお客様との接触なのです。 中核事業においては、ボルト・ネジ等のファスナー、工具、ケミカル商品や被服品などを取り扱うほか、DIY店向けの商品を提供しております。 パナソニックは、アナログデータを記憶、再生できる「強誘電体メモリスタ」をCMOS回路上に形成することに成功したと発表した。 適応標準:IEEE802. メールによる問い合わせや、製品サンプルの貸し出し機能も備えており、従来のリアル展示会と同様の体験が堪能できる仕様となっている。

>

ウルト・エレクトロニクス・ジャパン株式会社 (神奈川県横浜市港北区)の企業情報

しかし、われわれは競合メーカーにない付加価値サービスであったり、製品・技術であったりなどの強み、特徴を持つ。 TEL : 0422-52-0025 FAX : 0422-52-0026• 製品説明 Midcom は、フェライト・インダクタ・コモンモードチョークコイル・トランス等の受動部品メーカーであるウルトエレクトロニクスの一部門であり、主にカスタム製品を扱っています。 標準のコアと比べるとキュリー温度は3倍ほど高く、プッシュ・プル干渉はメインチョークの飽和とはならない。 〒163-0928 新宿区西新宿2-3-1 新宿モノリス 28F• 会社名 ウルトジャパン株式会社 Wuerth Japan Co. 納期面では、2009年の四川大地震などを教訓に、マルチファブ体制を敷くとともに、全製品で常に十分な在庫を持ち、災害や大きな需要変動が生じた際にも納期を厳守できる体制を敷いているという。 最新の情報を提供できるよう勤めておりますが、当社の情報分析アルゴリズム及びデータの性質上情報の正確性を保証できるものではありませんのでご了承ください データ更新日 2020年2月5日. 社会インフラ• 商品の特徴・使用方法などについてサプライヤーとして直接説明できるうえ、コスト・柔軟性においてプロユーザーのニーズに答える事ができる、とても合理的な方法です。

>