アクセンチュア 戦略。 なぜアクセンチュアはDX推進に強いのか。キーワードは「一気通貫」

アクセンチュア、創造的破壊の波を乗り超え、成長を描くための戦略を解説した書籍『Pivot to the Future』の日本語版を出版

ケースの対策と同様に、エントリーシート(ES)の内容を深掘りされても答えられるように準備しておきましょう。 その最前線で活躍する植野氏と海津氏は、どのような理由からアクセンチュアで働くことを選んだのだろうか。 特に素材メーカーは固定の得意先に営業をかけてばかりいるかもしれません。 しかし、の場合は、川上から川下まで全て関わっています。 私は業務上の上司を尊敬しているので、その方にお願いしています。

>

勝手に企業研究:アクセンチュア編|こんどう|note

これらの方程式を参考にし、ニーズに合わせて研修を細かく設定することで、コンサルティングに必要なスキルを習得できますし、万が一、スキルのアンマッチが発生しても、上記の通り改善箇所を明確に示すことができます。 事前に会議室で紙に解答したケース問題のディスカッションの時間が半分、エントリーシート(ES)に沿った志望動機などの質問の時間が半分という構成になっています。 現在、6期連続で2桁成長という好調な業績をさらに加速するべく、人材の採用・教育にも力を入れているという。 1-2. 特に、ITOは長期でお付き合いするお客様が多いので、 時間的なコントロールがしやすい。 業界の垣根を超えた新市場の創造・業界自体の再定義といった、お客様企業の変革を先陣切って推進する役割を私たちは担っています。 ・プロフェッショナルとして自らを高めていく好奇心や向上心を持っている。 私たちは製品を持っていません。

>

なぜアクセンチュアはDX推進に強いのか。キーワードは「一気通貫」

それさえあれば、異業種からの転職でも活躍できるはず。 「現職では〜というプロジェクトを通じて、大きなチャレンジをして、高い目標を達成してきました。 ある意味、自分のペースで仕事ができます。 (ここ伏線1) また事前の新エージェントとの面談で、アクセンチュアの面接内容を伺うと志望動機や現在の業務内容の深掘りなどです、ケース面接はありませんと言われました。 ただし、実際にはプレイングマネージャーのような感じで、プレイヤーとしての要素も多分に求められます。

>

戦略コンサルティング 採用情報|アクセンチュア

まずは生産効率の向上や、大口取引先にはディスカウント率を上げるなど、価格戦略を見直すことが必要かもしれません。 次のハードルに立ち向かいたいという気持ちもありました。 そのため、人材の多様性という意味ではコンサルティングファームトップと言えるでしょう。 。 しかし、アクセンチュア全体として、以前のコンサルティングとは流儀が変わってきているという。

>

【3分選考対策】アクセンチュア(戦略)のインターン・選考対策まとめ

メタ:はい。 一旦そうなると、戦略G内に自分を支持してくれるマネージャー以上が居ない場合は、かなり戻りづらい」(社員) ようは、戦略系だけの売上げが上がっていないため、既存の社員はもちろんのこと、新卒入社組でも、アサインのタイミングで戦略のプロジェクトが少なかったりすると、非戦略系へとアサインされてしまう。 国内でも詳しい人材が見つからず、世界中から資料を集めました。 その素材を本当必要としているのは、新規のお客様かもしれません。 マネージングディレクターになれるのは一握りであり、ほとんどの人はそこまで到達せずにアクセンチュアのキャリアを終えることになります。 カーニー、ベイン・アンド・カンパニー、ボストン・コンサルティング・グループ等からも内定を貰う人がインターンに参加したりします。

>

アクセンチュア、デジタル成長の加速を狙う新体制での戦略を発表

私たちの仕事は「 データエンジニアリング」と呼ばれており、大きく2つのミッションがあります。 そして、最終的にはこのドローンの提供によって農協の方が抱えていた問題を解決できて、 「今までの農作物の収穫率が150%ほどアップしたよ!」 という結果をもらえれば、ここでやっとドローン販売のサービス拡大に成功です。 面接官もここで見ているのは能力面より性格面の部分です。 一方、SI(システム・インテグレーション)の導入を担う部門は、SE職を「アクセンチュア・テクノロジー・ソリューションズ」等の別会社で採用してきたが、2012年5月1日付でアクセンチュア本体に統合。 質問内容は以下の通りです。

>