Daybreak フロント ライン。 Orangestar DAYBREAK FRONTLINE 歌詞

Orangestar DAYBREAK FRONTLINE 歌詞

。 MVは「夜明けに向かって走るトラックの荷台に笑顔の少女が1人乗っている」という1枚絵の上に歌詞を流すだけのシンプルな作りですが、それ故にたった1枚のこの絵の中にどんな意味が込められているのか考えさせられます。 9 ななしのよっしん. 主人公の近くにいるのは 「君」で表現される人物です。 恐怖を感じるなら「僕」はまだ生きている 暗闇に落ちた 先の見えないような道も 辿り着いたら 闇なんてなかった きっと僕は僕を 信じ切っちゃいないから いっそあの向こうへ 未だ見ぬ夜明けを 信じ歩いた 追い抜いた 走った 期待した 転んだ 迷った わかんなくなった でもjust feel alive fear or light まだ僕らは歩いていく こんなんじゃいつまで経っても 何処にも行けやしないさ なんて拭えない想いもアクセルへ どうせ止まれるはずないさ 前述でも述べたように2番の歌詞に 「君」は登場しません。 様々な楽曲があるなか、そのほとんどが「夏」をテーマにした楽曲であり、どこか憂いさを含んだ歌詞と透明感のある音使いのメロディーが主な特徴の作風となっています。 楽曲制作者本人のお墨付き「最高傑作」をぜひ聴いてみてください! 元アメリカ在住の若きボカロP「Orangestar」 Orangestarは2013年4月から活動を行っているボカロPです。

>

DAYBREAK FRONTLINE / internationaltowers.com (sm30156654) [動画記事]

「13秒先」という具体的な数字は 「一瞬の出来事」を表現しているように思えます。 主人公は追い抜き追い越されるような日々を回想していたのでしょう。 しかしそうした想いはいつまでも拭えない、つまり消えることはないことを認めています。 どんなに暗い夜でも必ず夜は明ける、全力で前進していけば明るい未来が待っているはずだというメッセージが伝わってきます。 関連商品 関連項目• 2番からは 「君」は登場しなくなります。 おかえりなさいのタグがトレンド入りに! 2017年に活動休止となったOrangestarですが、実は2019年12月4日、日本に帰国しています! 帰国の数時間前からは、Twitterにて「 Orangestarさんお帰りなさい」タグがついたツイートがたくさんのファンにより行われ、なんとトレンド入りをするまでに。 IA】DAYBREAK FRONTLINE【MV】 『DAYBREAK FRONTLINE』はボカロP『Orangestar』の24曲目の投稿楽曲です。

>

IA『DAYBREAK FRONTLINE』歌詞の意味を考察・解釈

MVの一枚絵には 軽トラの荷台に乗る女性の姿が描かれています。 1番の歌詞は 「君」を連れ出して夜を駆け抜けるイメージです。 アニソンもボカロも、ポップスやロック、ジャズといったような音楽的な特性ではくくれない、いわばノンジャンルの音楽で、アニメ作品の主題歌や挿入歌ならアニソン、ボーカロイドを使用した楽曲ならボカロぐらいの条件しか持っていません。 また、この一枚絵が楽曲とどう関わってくるのかなど自由に発想をすることができ、楽曲の世界観に対する想像がふくらむ内容となっています。 「みかんせい」と呼ぶこちらのP名は、「未完成」という意味とも掛け合わせた名前として制作されているものだとのことです。 制作者であるOrangestar自身も「現時点(2017年1月)で自分的最高傑作」と語っているので、彼を代表する楽曲と言っても過言ではありません。

>

「DAYBREAK FRONTLINE」は大ヒット楽曲を生み出した若きボカロPの最高傑作!

主人公は先行き不透明な日々を送っていたのでしょう。 退屈な日々を主人公は「君」と一緒に抜け出します。 いま考えている歌詞からも 「窮屈な世界を抜け出して2人だけの世界へと駆け抜けていく」ところを想像することができますね。 この部分の主人公の思考から解決しない想いがあったとしても、それらを背負いながら日々を生きていく大切さを実感します。 TEXT 勝哉エイミカ. 「眠らないよう 上がるミュージックと ぬるくなった水だけ持っていく」とはどのような意味があるのでしょうか。 Orangestarの名を広めるきっかけとなった13作品目の『イヤホンと蝉時雨』はその作風の代表曲とも言えるでしょう。

>

「フロントライン」横スクロール型戦場アクションゲーム

。 夜は暗い気持ちになりがちですが、夜を乗り越えたら新しい明日が来ることも伝えているようです。 主旋律を奏でるピアノのメロディーは、澄んだ音でありながらも力強いメロディーが奏でられており、「かっこいい」「爽やか」といった感想がファンから飛び交っています。 2015年にはメジャーデビューもはたし、2017年4月には初となるライブも行いました。 まるでファンタジー小説でも読んでいるかのように叙事的に綴れられた歌詞でありながらも、同時に聴く者の心の中にじんわりと染み入り、その背中を優しく押してくれるような深さも感じられる歌詞ともなっており、ファンに多くの感動を与えています。 主人公の劣等感という消極的な面を感じつつも、その壁を時間をかけて乗り越えようとする面が感じられる歌詞です。

>

「DAYBREAK FRONTLINE」は大ヒット楽曲を生み出した若きボカロPの最高傑作!

「眠れないんだ」 風もなく茹だりそうな夜に 君の声が耳元で揺らいだ 感傷に浸ってばっか 何も変わらない 笑えない日々を 抜け出そうぜ 君を連れ飛び出した 風が通り過ぎた 闇と混ざり合った 君の笑い声が 小さく藍の空に響いて そんなんで生きていけんのか もう戻れないぜ? なんて揺らぎそうな想いは アクセルへ このまま地平線を 追い越してやるんだ 最前線飛ばせ僕たちは 星もない夜 ただ東を目指して行く 13秒先もわかんなくたって 精一杯僕を生きていく 何も後悔なんてないさ 前を向け 止まらないさ きっと光の待つ方へ 暗闇に落ちた 先の見えないような道も 辿り着いたら 闇なんてなかった きっと僕は僕を 信じ切っちゃいないから いっそあの向こうへ 未だ見ぬ夜明けを 信じ歩いた 追い抜いた 走った 期待した 転んだ 迷った わかんなくなった でもjust feel alive fear or light まだ僕らは歩いていく こんなんじゃいつまで経っても 何処にも行けやしないさ なんて拭えない想いもアクセルへ どうせ止まれるはずないさ 夜に腐っていたって僕たちは 間違いなく明日に向かっていく 最前線飛ばせ僕たちは 白みだした星空 胸を鳴らしている 眠らないよう 上がるミュージックと ぬるくなった水だけ持っていく 無駄なものは何もないさ 前を向け その方がきっと笑えるさって 最前線飛ばせ僕たちは 昇る太陽 その光を目指していく 幸せって今はわかんなくたって 精一杯僕を生きていく 何も後悔なんてないさ 前を向け 終わらないさ 一生僕らは生きて征け タイトル『DAYBREAK FRONTLINE』の意味・テーマ タイトルの 「DAYBREAK」は 「夜明け」、 「FRONTLINE」は 「最前線」を意味しています。 なかにはダンスミュージックに近いメロディーから「EDMっぽい」という意見もあります。 カテゴリ• P名は『蜜柑星P』という名前で、『Orangestar』を訳したものが使用されています。 ボーカロイド楽曲の月間ランキングにおいても未だにその名前を連ねています。 主人公はこれまで人生における戸惑いを感じている以上、自分の望む将来に向かうことはできないと感じてきました。 さらに続く投稿楽曲『アスノヨゾラ哨戒班』が爆発的にヒットしました。 「今」という一瞬を精一杯生きていくことを表現しているのですね。

>