文化 芸術 活動 へ の 緊急 総合 支援。 文化庁令和2年度第2次補正予算事業 文化芸術活動の継続支援事業

文化芸術活動への緊急総合支援パッケージ~文化庁更新2020.7.6

団体が利用可能。 基準等あり。 収益基盤が傷ついた文化・芸術活動には、長期的な視野で支援が必要だ。 募集期間は2020年5月25日〜6月10日。 募集に際しての条件は以下の通り。 1年間、地方税の徴収の猶予を受けられる。 補助形態の枠組みによって、異なる額の上限額が決められていますので、補助率を計算した金額すべてが支給されるというわけではないことを理解しておきましょう。

>

「文化芸術活動の継続支援事業」確認番号の認定団体一覧

支援策の概要としては以下のとおり。 報酬源泉所得税を差し引いて振り込むことになるため、請求書に源泉所得税額を記載してもらうことを推奨する。 但し、補助金の予算がなくなり次第、終了。 一般社団法人、公益社団法人• 5KB) (公益社団法人全国公立文化施設協会作成) (312. 2020年6月23日 文化関係団体向け 個人 フリーランス 向け• 活動を動画収録・配信によって発信するなど、積極的な取り組みにも最大150万円まで支援する。 その結果、今年度第2次補正予算案には、標準的な活動を行うフリーランスの文化芸術活動家の取り組みに最大20万円、更に積極的に活動を行うフリーランスの方や、小規模の文化芸術団体に最大150万円を補助することなど、総額560億円規模の緊急総合支援策が盛り込まれました! 今回、「参議院議員 石川ひろたかYouTube ニュース」(動画)に、文化芸術支援の先頭に立ち、取り組んで来た浮島ともこ衆議院議員にリモートで参加いただき、新たな支援パッケージについて解説頂きました。

>

令和2年度補正予算の文化芸術関係者(個人・フリーランス)への支援策について

2020年8月7日 文化関係団体向け• 活動自粛を余儀なくされている名古屋市在住または名古屋市を活動拠点とするプロの団体・アーティストが対象。 2020年10月2日 文化関係団体向け 個人 フリーランス 向け• 国立劇場おきなわ:令和2年7月11日 (土)「企画公演 琉球講談」から再開。 申請開始時期は未定。 実演の配信やホームページ作成など、芸術文化事業の発信強化に向けた新たな事業を支援。 文化芸術の力は、人々の心に喜びと感動をもたらします。 広報コンテンツの作成• (聞き手・読売新聞文化部 多可政史) 文化芸術活動支援に560億円 国の2次補正予算案 新型コロナウイルスの影響で、日本でも多くの文化芸術活動が休止に追い込まれた。

>

コロナ禍の文化芸術支援に560億円 文化庁・宮田長官が語る思い

交付額上限は、団体200万円、個人50万円。 支援金額上限は1人につき10万円、1件50万円。 但し、申請が900件に達した時点で受付を締め切り。 無観客公演のインターネット配信経費などを支援。 市(区)役所・町村役場または年金事務所で郵送受付。 P8の「活動継続・技能向上等支援B」については、「活動継続・技能向上等支援A-1」「活動継続・技能向上等支援A-2」同様に技能向上に関する取組も対象となるのか? A. その「活動計画」をどこまで精緻にする必要があるかはまだ分かっていませんが、そこまで大掛かりなものは求められないのではないかと予想します。 小規模団体向け(活動継続・技能向上等支援B) 「小規模団体」の具体的な基準は明確になっていませんが、コロナ感染症対応として新たな公演・政策の企画を行った場合にこちらも 最大150万円支給されることとなっています。

>

支援を受けたい

2020年5月8日 文化関係団体向け. それでも、日本博のオープニングについては、6月20日にBS日テレで多くの方に収録した映像を見ていただけました。 (2020年6月7日付読売新聞朝刊記事に、一部加筆). 文化芸術収益力強化事業 50億円 この2つを円単位で合計すると560億円ということのようです。 9月4日 (金)事前確認認定団体一覧を更新しました。 フリーランス・パラレルワーカーのサイト。 会計処理に関する講習会の参加• 50万円まで。 (1)以下の1~3のいずれかの取組(複数でも可)• 2020年11月27日 文化関係団体向け 個人 フリーランス 向け• 通信運搬費(楽器の輸送等)• 支援額 支援額は、1事業あたり150万円~2,500万円となっています。 2020年7月17日 文化関係団体向け 個人 フリーランス 向け• 小学校等が臨時休業した場合等に、子どもの世話を行うため、契約した仕事ができない子育て世代を支援する制度。

>

新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する対応について

2021年1月31日までに行われる実施・無料配信される無観客公演に対し補助金を交付。 2020年2月以降の任意の期間(1か月以上)、収入が前年同期と比較して、おおむね20%以上減少した人が利用可能。 失業者向け総合支援資金• 宮田長官)芸術家の皆様に加え、超党派の国会議員の先生方による「文化芸術振興議員連盟」から「文化芸術の灯を消してはいけない」という後押しをいただきました。 舞台作品の映像化したもの(権利関係がクリアになっていること)を用意して事務局に連絡。 県内の文化芸術団体や芸術家等が対象。

>