忍者 レフ。 【機材】400円でニンジャレフを作ろう

ガラス反射の写り込みを低減!よしみカメラ「忍者レフ ミニ」レビュー

読書している彼を撮影して上下を反転させました。 ここらへんのつくりもしっかりしてるのでそうそう壊れないとは思う。 101• 忍者レフのデメリットは鋭角な撮影には向かない 忍者レフにもデメリットはあります。 レンズの先端に取り付ける布製のフードのようなもので先端に吸盤が付いていてガラスに取り付けることができるようになっている。 映り込みの原因は? 映り込みの原因は目の前のガラスなどがマジックミラーのようになってしまうこと。 白レフのほうですが使えなくはないと思うのだが被写体照らす前に影つくっちゃって逆に真っ暗になったりする場合も多々ある。

>

【機材】400円でニンジャレフを作ろう

でこうなると前に手が回りそうにないですが直径50センチくらいだと余裕で前に手回せます。 それを避けるためにリモコンでシャッターを切ります。 例えばスマホを正面から撮影する場合、スマホの液晶にカメラや撮影者が映ることがあります。 明るい側で反射する光は暗い側から透過してくる光よりも強いため、明るい側で反射した光が見える。 ワタシが持っている最小径である35mmレンズはレンズ系が52mmでしたが、そのレンズでも使用可能でした。 ガラスの映り込みを防ぐ道具・撮影グッズ「レンズスカート」 ガラスの映り込み・反射を防ぐグッズで一番おすすめなのが「レンズスカート」です。 この日の持ち物は以下のとおり。

>

株式会社 よしみカメラ

柔らかい素材ならガラスに先端をつけて撮影できるので(触るなと書かれている場合は無理だけど)、レンズ先端とガラスの間から光が入り込んでくる可能性がぐっと減らせる。 価格は税別4,800円。 後、ガラスとなるべく平行にカメラを構えた方がコントロールしやすくなります。 本格的な撮影旅行を計画している場合は大きいサイズでも良いかもしれませんが、ちょっとした映り込みを防ぎたいという場合はミニサイズのほうが取り回しが良いのでおすすめです。 まずは始めに忍者レフを使用せずに撮影した写真。

>

株式会社 よしみカメラ

3.中心を裁断して、円形を作る 中央に円穴を空けます。 ここの場合だと横にもガラスあるんで真横からも飛んでくるんだよね光が。 実際には上記の写真のように映り込み・反射が無いように撮影したいけど実際には下記の写真のように映り込んでしまうことを意味します。 主に、、で公開。 夜の撮影は明かりが少ないので手ぶれしがちです。 あとは定期的に使うので耐久性と装着のしやすさってのも考慮して。

>

忍者フード(ガラスへの映り込みを防ぐ専用レンズフード)

あともし人が多いところでこういう状態で撮影すれば他人の迷惑に絶対なります。 ラバー製なのでガラスにフードをガラスに密着させた後いにカメラの角度を変えられます。 特にミニ三脚を使うときはあまり雲台の固定力が強くないのでリモートシャッターが大事です。 2019年4月12日 カテゴリー一覧• 暗い側と明るい側の明暗差が小さくなれば明るい側の光の反射が外から入ってくる光を邪魔しなくなるので外の風景が撮影できるようになる。 上記サイズ以外のレンズ筒でも加工することで装着できます。 映り込みだけに関して言えば撮影後に編集で消し去ることもできますが、映り込みがあると写真としてのクオリティが落ちてしまいます。 そのため、カメラのレンズとガラスとの間には隙間ができる。

>

「レンズスカート」と「忍者レフ」高層ビル・ガラス越しの映り込み・反射を防ぎ夜景を綺麗に撮る撮影グッズ

ガラス越しの撮影は厄介 ショーケースの中のものとか、窓から外の景色を撮影するなんてときに、ガラスに自分が映り込んでしまう経験はないだろうか? 角度を変えると今度は照明が映ってしまうとか結構厄介なのが映り込み。 極端に言えばカメラ付近の窓に布切れを垂らせばいいんですから。 ちなみに忍者レフがなくてもハンカチや上着をかぶせることで反射を防ぐこともできます。 ガラス越しに撮影して映り込みが気になるのも明暗差があることがほとんど。 渋谷スカイ(SHIBUYA SKY)で夜景撮影に挑戦[ ]• 夜景撮影など写真・動画撮影時のを防ぐラバー製の大型レンズフードです。 忍者レフは物撮りにも便利 デメリットもある忍者レフですが1枚持っているとブツ撮りにも便利です。

>

展望室などガラスの映り込み対策はこれで解決、忍者レフを買ってみました

どんなとき使う?• もちろん展望台等ならそれぐらいのスペースはあるところは多いですが、あまり一般的では無い場所だとレンズスカート+三脚の組み合わせで撮影するのは難しくなります。 とこのデジタル時代に原始的な方法ですが写りこむならその写り込むのを隠しちゃえばいいじゃないってのがこの製品のコンセプト。 捻ってたたむだけ。 カバーから取り出すと、折りたたまれた状態でのレフ板が出てきます。 動くと光が入ってしまったりする。 けっこうしっかりと作ってあるんで壊れたりはそうそうしないと思う。 上の写真で瞳の左下にある白い円形のものが忍者レフを白い面を被写体に向けて使ったときのキャッチライト。

>

窓越しの夜景撮影 暗幕編

三脚をセッティング出来て且つレンズスカートも設置出来る場所でしか綺麗に撮影することが出来ません。 光芒の形は絞り羽根に影響され、絞ったり開いたりすることで形が変わります。 さて忍者レフの商品説明へ。 ガラスに対して水平に近い角度なら問題無いのですが鋭角になると映り込みが発生しやすくなることです。 明るい室内から外の夜景を撮影しようとするシーンなんてのが一番分かりやすいだろう。 124• 人がいるところで使うのならば他人への迷惑ってのを一番に考えて使用してください。 黒いシャツでレンズフード代わりにするなどでもいいのである。

>