本田 技研 熊本。 Honda 陸上競技部

「本田技研工業」のニュース一覧: 日本経済新聞

「あきらめたらそれで終わり」とはよく言いますが、まさに万国共通だと実感したものです。 火花にはびっくりしたものの、『早く上達したい』という一心で取り組んだ。 工場見学をご希望される代表者もしくはご本人様から直接お申し込み下さい。 1区・青木選手は落ち着いた走りで終始トップ集団でレースを進め、4位で2区へタスキリレー。 以上の注意事項、弊社の案内担当者の指示に従っていただけない場合は、見学を中止させて頂く場合もありますのでご了承下さい。

>

下川 一郎 本田技研工業株式会社 熊本製作所 所長 八代工業高校S56年卒

ただ、外国の方と働くということはひと筋縄ではいかない。 学生時代、バスケットボールによって培った体力のおかげで、重量物も難なく持ち上げ、驚かれることもしばしばだ。 2km を周回するコースで開催されました。 工場の稼動状況によりライン停止している可能性がございます。 6区・原選手と7区・松村選手は最後まで諦めず前のチームを必死に追いましたが、順位を上げることは出来ず3時間38分00秒の第3位でゴールとなりました。 当社規定による各種手当(交替制手当・時間外勤務手当・深夜業手当・食事補助等)支給あり• 来年3月に、現在取り組むテーマの開発を完了する予定のため、ゴールを目指して頑張りたい」 入社して6年、溶接の現場で、「女性だから困ったこと」は特に思い浮かばない。 また、繰り返しになりますがとにかく負けず嫌いなので(笑)、そもそも「あきらめる」という選択をしたくないんですね。

>

「本田技研工業」のニュース一覧: 日本経済新聞

下川 「今しかできない何かに、全力で打ち込んで欲しい」と思います。 父親ほど年の離れた先輩もたくさんいるが、周囲に守られ、育てられてきたと実感する」 現在も、たくさんのアドバイザーから助言を受けながら、自身の開発テーマに取り組んでいる。 溶接士の「遺伝子」が導いた不思議な縁だ。 技術職のため、身に付ければ身に付けるほど、楽しい仕事。 11月3日 火・祝 に「第61回東日本実業団対抗駅伝競走大会」 7区間76. そんな自分の性分からも、この言葉に惹か れます。 材料の違いはあるが、偶然同じ現場に配属された。 入社一年目に戻ったのと同じだと考えている。

>

インタビュー

初めての溶接は、距離感もつかめず、ビードはぐちゃぐちゃ。 通訳の対応はしておりません。 この結果により、2021年1月1日 金・祝 に開催されるニューイヤー駅伝 第65回全日本実業団対抗駅伝競走大会 への出場が決定致しました。 2区は駅伝初挑戦のソゲット選手が持ち前のスピードを生かしトップを追いかけましたが、終盤は苦しみ5位で3区へ。 工場見学は年齢や服装等による制限を設けております。

>

Honda|期間従業員募集|応募資格と給与など

(学校指定の校帽、紅白帽など)• 現場では、何も考える必要のない『すっぴん』が心地良い。 区間賞は1秒差で逃したものの、順位は2つ上げ3位で4区へ繋ぎました。 女性にとって、溶接は難しい印象があるかもしれないが、実際に従事する側からすると、性別はあまり関係がない。 周りに流されず本気で打ち込めるものを探して、ひたむきに、楽しく前向きに頑張る。 ティグ・ミグ溶接を用い、板厚2. 機械音に負けないくらい大きな声で、お互いにフォローしたり、ミスを注意し合ったり。 今年度からは、溶接士としての修練の成果が認められ、技術開発を行う部署へ異動。

>

Honda 陸上競技部

高校時代の私のように、野球でなくても良い。 5区・設楽選手は前半から積極的な走りでトップとの差を5秒差まで詰めて6区へ。 最長区間の3区は伊藤選手が先頭チームを猛追、一時は6チームが並ぶ激しいトップ争いとなりました。 今はわからなくともその経験は、必ずいつか、いろんな形で活かされていくはずです。 工場内では、帽子を着用して頂きます。 所長としての立場から言うと…人任せにせず自ら率先して事業に取り組むということは、その背中を見て、従業員たちも自主的に動いてくれるというか。 下川 1つだけ言うなら、「進取果敢(しんしゅかかん)」です。

>

インタビュー

どんなに難しいと思ったことでも、まずはやってみたい。 酒気を帯びた方、下記の服装や履物の方はご遠慮下さい。 若者の可能性というのは、まさに無限大。 5~3ミリの立体的なアルミフレームの加工にあたった。 汗で流れてしまうため、化粧はしない。 海外のお客様は、通訳の方のご同行をお願い致します。

>