ショタ bl アーカイブ。 ★BL♂鬼畜18禁RANK★

BL小説マニアック館

「あああっ!!」 初めてで、しかもお尻の穴なのに全身に電気が走った様な快感が走る。 「やぁぁああ」 男2「んじゃあ、こっちは口でお願いね」 男2が口に突っ込んでくると、まだ風呂に入っていないソレからはツンとした匂いがして涙が出る。 僕は拘束されているので、されるがまま簡単にいれられる。 上「何の用で呼び出されたかわかるか?」 「はい。 「んん」 口から抜いてもらえないので体で少し抵抗しようとした瞬間 ブシャーーーー 彼らは俺の中でおしっこをしたのだ 「んんんごごふ」 男2「ほら飲まないとやばいんじゃない?」 俺が逃れられないように頭を押さえつけながら放尿を続ける男が言う。 男「ああ、いきそ. 俺はそのまま気を失った。 僕は一番目立たなそうな位置の柵をよじ登って中に入ると廃墟の方まで 見つからない様に姿勢を低くしながら向かいました。

>

★BL♂鬼畜18禁RANK★

アナルの方も穴の間からふつふつと少しずつ溢れ出ている。 ジュポッジュルルー いやらしい音が辺りに響き渡り、二人の男は一気に俺の中で果てた。 」 「 !!! 」 上「君は見た目がいいから。 。 慰安兵といえば確かに俺も聞いたことがある。

>

★BL♂鬼畜18禁RANK★

大きめのオナホールのように 激しく揺さぶられながら男が果てるのを待つ。 俺はそれを必死でこらえながらイラマチオでガンガンついてくる男2のそれにしたを這わせる。 フゥんじゃあ次も結構並んでたから栓しとくね」 男はそう言うとアナルビーズを差し込んでくる。 」 上「慰安兵にならないか。 その代わり放課後は毎日ここに来るんだ。 今は何時なのだろうか。

>

BL小説マニアック館

マニアックプレイ多数。 僕は周りの友達よりエロに目覚めるのが早かったのか、 柵の中の建物で子供が何をしているのか気づいていました。 ただこのまま半年を持たず軍から追い出されてしまっては、親父とお袋に顔向けできない。 おい、ケツ向けろ」 「はい。 「嫌だぁ. そんなある日、 いつも探検をしている友達はみんな用事があると言って放課後一人になる事がありました。 どうやら外に並んでいたようで出て行くと同時に違う男達が入ってくる。

>

★BL♂鬼畜18禁RANK★

最初に見たときよりも女の子がだんだん壊れていくのがわかって僕は怖くなりました。 遠くの方にいたらしい男が僕が目を覚ましたことに気づいて 近づいて来るのが見えました。 ーガチャ 男「あー疲れたー。 朝だろうと夜だろうと目の前の扉が開けば俺の仕事は始まる。 これ幸いと僕は例の柵のところまで来ました。 お腹が痛い! 「かっは、ゲホっ、ゲホ」 男1「wwww」 「抜いてください!ゲホっ出させてください! お腹が!」 男1「もう少し我慢してねー。 長編は現代~ファンタジーまで色々あります。

>

BL小説マニアック館

探検した先で秘密基地を作ったり、山をどんどん自分の陣地にしている感覚が楽しくて 僕らは毎日のように山で遊んでいました。 」 「いつまでですか・・・・」 男「君の様に、ここを覗き込んで毎日ここに来る様になる変態な子供が現れたときかなw」 男はそういうと俺の拘束を解く。 by さる これは僕が小学生の頃の話。 「ああぁぁくるし、ああなんか、出て、る・・・ああ」 体制を変えてから犬のちんちんが中で膨張して 射精をしているらしかった。 一つ提案があるんだが」 「はい。

>