生物 兵器 武漢。 新型コロナウイルス、「生物兵器」の疑い強まる!武漢にはウイルス実験施設(BSL

武漢ウイルス研究所の謎…新型肺炎は事故で漏れた生物兵器ではないか?

54~、著者・坂東忠信氏)と題して、新型コロナウイルスが武漢にある研究所から漏れたものではないか、という断定的な記事が掲載されている。 この発見により、武漢肺炎が生物兵器であることを証明できるかのように思われたが、論文が発表して僅か数日間で撤回された。 とくにオルタナ右翼言説で知られる「ゼロ・ヘッジ」と、極右系ラジオパーソナリティが運営する「インフォウォーズ」が大きく貢献した。 台湾人の某有名医師は「生物化学兵器の実験で使われた動物たちが、海鮮市場に転売されたに決まっている」。 そもそも青山センセイは「中国からの入国を当面全て断るべき」と主張しており、自身が率いる自民党極右議員グループ「日本の尊厳と国益を護る会」は、今月14日にも中国の習近平国家主席の国賓来日に反対する「声明」を官邸の岡田直樹官房副長官に手渡している。 そんななか、24日付の米紙「ワシントン・タイムズ」や複数の欧米メディアが新型コロナは武漢の「武漢病毒研究所」由来であると報じた。

>

青山繁晴議員はコロナを「武漢熱」と命名、「生物兵器」である可能性をふれまわる|LITERA/リテラ

医療関係者でも何でもない、専門性のない人物らから発信される、 陰謀論やトンデモが雑誌や日刊紙に載っているからと言って軽々に騙されてはいけない。 しかし、くしゃみ、鼻水は少なく済みます。 一応代々民間の陰陽師やってた家系に産まれてます。 1995年にオウム真理教が起こした地下鉄サリン事件で使われた自己精製のサリンは、元来ドイツで開発された化学兵器で生物兵器ではないが、ごく微量で大量の人間を殺せる。 仏紙ル・モンド(3月7日)でも、専門家がその主張を完全否定している。 デイリー・メールはいわゆる「飛ばし(=根拠の薄弱な記事)」が多いことで知られる。 それだけではない。

>

保守派による「新型コロナは生物兵器」というトンデモを検証する(古谷経衡)

ここで、ウイルスの研究をしていました。 さらに、2004年に北京でSARSの集団発生が起きた際には、北京の国立ウイルス学研究所で、BSL-3の実験室のSARSコロナウイルスを、一般の実験室に持ち出して実験に使ったことが感染源となったことも、だ。 同委は27日以降、毎日午前に記者会見する。 法輪功系メディアも「人工ウイルス」と主張 ニューヨーク市内を行進する疑似宗教団体「法輪功」の支持者たち。 ネットユーザーによると、。

>

新型コロナウイルス:「生物兵器」の陰謀論、政治家やメディアが振りまく(平和博)

米科学技術政策局はまた、新型コロナウイルスの研究に対する幅広い情報提供を呼び掛けている。 陰謀論の拡散ケースとしてはよくあるパターンだ。 出典:林原チャンネル 杜祖健氏は生物毒の専門家で、過去には米軍の顧問を務めたこともある。 西陸網は1月26日に「 新型ウイルスはアメリカがつくった中国人だけに作用する生物兵器だ」という陰謀論系の記事を掲載していたのだが、郭文貴氏はそれを逆手にとり、人工ウイルスであることを中国が認めたと曲解し、「中国の生物兵器である証拠だ」と論理を飛躍させて拡散した。 あまりに急速な感染拡大の経緯をたどっただけに、生物兵器として開発された武漢ウイルス研究所で人為的に作り出されたウイルスが、誤って(あるいは人為的に)拡散されたのではないかというのだ。 声明は、各国の専門家による研究は、いずれも新型コロナウイルスが野生生物由来だと指摘。 そして、人種差別、外国人差別を煽ることになる。

>

保守派による「新型コロナは生物兵器」というトンデモを検証する(古谷経衡)

では、私(武小華研究員)が石正麗研究員と喧嘩する理由はここにあります。 欲の部分をつきあと脅しでしょうか 催眠術とかかけるかもw 洗脳かw 養成所あるか? まだ、情報が錯綜しているうえに、中国政府が重要な情報を隠蔽している可能性が大である中、断定的なことはまだ言えないけど…現時点で分かっている情報から推察すると、 (もし、本当にウイルス兵器だった場合)下記のような可能性が考えられる。 しかし、ショーハム氏もやはり可能性のひとつとしているだけで、疑惑を断定はしていない。 中国・武漢が発生源とされるこの疫病は、すでに日本でも感染者を出して、人々を恐怖に陥れている。 「米国は、中国の軍事医療機関による毒素の研究開発に関してコンプライアンスの懸念を抱いています。 武漢ウイルス研究所は、中国の最高のウイルス学および免疫学の専門施設のひとつであり、中国の最高のバイオハザード研究所である。 どうみてもトンデモの類だが、同誌はこの記事をほぼ巻頭扱いとして、表紙にもタイトルを掲載している。

>

新型コロナ「中国生物兵器説」がこれほど拡散された理由。新興宗教「法輪功」など反中勢力が暗躍

出典: と一刀両断している。 董宇紅氏は、前述したインドの研究チームによる誤った査読前論文と、中国科学院パスツール研究所の崔傑研究員の論文を参考にしてインタビューに答えているが、メインは前者だ。 に yocy より• 複数のメディアからも「この(生物兵器)説にはどれくらい信憑性があるのか?」という問い合わせまで筆者にきた。 中国軍の生物化学兵器防衛の最高責任者である陳薇(54)少将が、最近、武漢のP4ウイルス研究所の責任者を引き継いだと報じられている。 4は最高レベル)の研究所です。 52~、著者・山口敬之氏)がそれで、 …そこで世界中の関係者の注目を浴びたのが、武漢ウイルス研究所だった。 それに中国に出国禁止にしない日本の政府のことを考えるともしかしてグルなのか(?)とも疑ってしまう。

>

【河添恵子】『習近平が隠蔽したコロナの正体 それは生物兵器だった!?』【ワック・新刊のご案内】

共通しているのは、 引用した記事の著者すべてが医療関係者ではないという事。 おっと 確信をついてしまった! あ~なんかあちらさんに気づかれたかな? この研究が、新型コロナウイルスの『起源の謎』の中で、重要かつ新しいデータポイントになった。 兵器化されたウイルスだったら、ここが戦場としたら戦場ですぐ殺したいときは、潜伏期間が短いやつすぐ出すんです。 華中科技大学同済医学院付属の湖北省婦幼保健院の交通量も、昨年(2019年)9月にピークを記録。 法輪功で董宇紅氏が行った主張は、世界のウイルス研究者たちにはまったく相手にされなかったが、それでも世界の反中国勢力の間では、その後もしばらく引用され続けた。 一般的に、病原体を「兵器として使用」する際に重視されるのは 強い毒性だ。

>