金沢 克彦。 宝島社『証言 長州力』発売に際して金沢克彦氏が苦言「歴史的な事実関係だけは絶対に捻じ曲げてはいけない」

【金沢克彦新連載!】『“シン・新日本プロレス”が生まれた時代』第3回「ついに“棚橋時代”到来の予感……! 新世代に立ちふさがった“大きな壁”永田裕志!!」 | 新日本プロレスリング

それでも戦闘態勢をとって粘る中邑に腕十字固めを決めたところで、ドクターがストップ。 新日本が活況を呈していてこそ、専門誌(紙)も売れる。 年齢的に50代のうちに何とかしたいと思っています。 私が、『週刊ゴング』の編集長に就任したのは、1999年1月6日付け。 5年9ヵ月の編集長在位期間は歴代最長であり、編集長在籍時にはライバル誌の『週刊プロレス』を抜いて、販売数・実売数ともに1万部以上も上回った。

>

【金沢克彦新連載!】『“シン・新日本プロレス”が生まれた時代』第3回「ついに“棚橋時代”到来の予感……! 新世代に立ちふさがった“大きな壁”永田裕志!!」 | 新日本プロレスリング

まだまだ認めないという空気が充満していた。 12両国の最終戦。 8月、母体の日本スポーツ出版社の身売りに伴い、新経営陣から編集長の継続と社内人事を含めた全権を委ねた統括責任者を命じられるが辞任を申し出て10月15日に編集長を降板した。 IWGP戦線で棚橋に遅れをとる結果となる。 病院に訪れる方は体のどこかに何らかの症状があって来院される方がほとんどな訳です。 同年1月4日大会での戦の大混乱において、「小川はプロ失格」「小川は馬鹿である」と誌面で橋本擁護、小川批判を展開し、業界中に賛否両論を巻き起こす。 『子殺し 猪木と新日本プロレスの10年戦争』(書き下ろしとしては初の単行本、。

>

金沢克彦氏「ラグビーの当たりの強さを、誰がどう気づいているか!?」 プロレスラーという異形な者たちへの強烈エール

プロレスマスコミの第一人者であり、テレビ朝日『ワールドプロレスリング』解説者。 以降、フリーランスとして活動中。 その事実だけは曲げようのないものだった。 プロレス界の今、ここを生き抜いてきた唯一無二の思考、貪欲に幸福を求める方法 2019年12月28日発売!新しい敵に向かっているから俺はずっとギラギラしていられる。 館内は「シンニッポン」コールに包まれた。 ロックアップ中継• 1989年11月、日本スポーツ出版社『週刊ゴング』編集部へ移籍。 8月、母体の日本スポーツ出版社の身売りに伴い、新経営陣から編集長の継続と社内人事を含めた全権を委ねた統括責任者を命じられるが辞任を申し出て10月15日に編集長を降板した。

>

宝島社『証言 長州力』発売に際して金沢克彦氏が苦言「歴史的な事実関係だけは絶対に捻じ曲げてはいけない」

週刊ゴング編集部時代は担当の贔屓の筆で知られた。 週刊ゴング編集長在籍時、もっとも表紙を飾った人物は意外にもであり、武藤とは公私ともに親しかったこともうかがわれる。 4東京ドームではメインから外されたIWGPヘビー級選手権であったが、関係者、ファンの想像を覆すような好勝負を全日本所属のケアとやってのけた。 このように「元気になるための病院」として急性期医療から維持期まで、さらに健康増進施設と展開していますが、北岡先生のスポーツ関連の患者さんがふえたこともあり、現在健康増進施設の拡大とアスレテイック リハビリに対応できるように体育館を建築して、スポーツ復帰を目指したリハビリ、またけがの予防につながるリハビリを実践しています。 1996年3月の新日本プロレスによる『』への取材拒否、さらにの編集長解任劇の引き金となったのも金沢による長州インタビューであった。 代わって、藤波辰爾が社長に就任した。

>

【金沢克彦の集中連載!】『“シン・新日本プロレス”が生まれた時代』! 第4回「生まれ育ったリングでブーイングを浴び続けた棚橋、“ストロングスタイル”という言葉を復権させた中邑」 | 新日本プロレスリング

4東京ドームから幕を開けたと思われていた棚橋・中邑の新時代。 新日本の両国大会は、ラグビーの日本vs. 別の機会でこのことをレスラーと話をしていた際に、オカダとは別のレスラーから「オレも思いました」とも言われたという。 また、9月に創刊された週刊ゴングの後継誌・にフリーの立場ながら、統括プロデューサーとして参加するが、7月号のGリングに、彼の名前が無いことから、何らかの理由で降板したと見られる。 悲願の『G1』初制覇を成し遂げた。 5年9ヵ月の編集長在位期間は歴代最長であり、編集長在籍時にはライバル誌の『週刊プロレス』を抜いて、販売数・実売数ともに1万部以上も上回った。 今度は王者となってからの試練だった。

>

金沢克彦

レッスルランド中継• 10年前にオフィシャル11となって、止まったままです。 2015年4月25日発売のNo. 各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。 長州力が好きか嫌いか? それはその人たちがそれぞれ抱く感覚であるが、 歴史的な事実関係だけは絶対に捻じ曲げてはいけない。 ポーズもライガーばりに決めて、センター通路を歩行してアピールする。 2012年6月に宝島SUGOI文庫から文庫版発売) 出演番組 [ ]• 燃える哲学の尽きぬ力を見よ! この現象は、まさに新日本プロレスの業績不振に正比例していたのである。 それでいて、ボクが聞きたいことが網羅されていた充実の内容だったと記しておきたい。

>

金沢克彦氏「ラグビーの当たりの強さを、誰がどう気づいているか!?」 プロレスラーという異形な者たちへの強烈エール

これがそのとき永田にやられた爪痕なのである。 続く中邑vs永田の準決勝。 健康運動指導士が、一人一人にあった運動プログラムを主治医の指示に従いながら組んでくれます。 またかほく市内日角で開業した元金沢医科大学整形外科医局長の藤田拓也先生に水曜と金曜の午後に顕微鏡視下での脊椎の手術を行ってもらっています。 決してファンのウケがよかったわけではない。

>