スント ベクター 電池。 SUUNTO(スント)Vectorの使い方(2)~時刻合わせ~

SUUNTO(スント)Vectorの使い方(2)~時刻合わせ~

現在は、生産終了しております。 そして目立ちます。 実はゴムパッキンが欲しいがためにバッテリーキットを購入しているようなもの。 綿棒 だけです。 中古品にご理解ある方のみお願い致します。 電池交換してバッテリーカバーを閉じる 新しい電池を内部に設置します。

>

【レビュー】型落ちSUUNTO(スント)の『コア オールブラック』がお買い得!!登山・トレイル・日常使いにも大活躍のおしゃれウォッチ!!

と言う事で、今回は電池のみ交換してみたいと思います。 2013年02月10日:• スントはとにかく軽くして着用することでクライマーの負担にならないような設計思想であるような気がします。 サファイヤレンズなので傷はありませんがベゼルに使用に伴う小傷はがあります。 旅用途なら別の時計もあり? 繰り返しになりますが、学生当時ベクターを購入した理由はその見た目。 - 92,069 views• これがこのベクターの最大のウリになっています。 スント『ベクター』の電池は『CR2430』という型番のリチウム電池になっていて、バッテリーキットではなく、電池単体で交換も出来ます。

>

Blueな雑日記 » Blog Archive » SUUNTO ベクターの電池交換&時刻合わせ

電池交換 今回はバッテリーキットを使用しないで電池だけの交換になるので、あからじめベクターに合う電池(CR2430)を購入しました。 前回の電池交換は何時やったかは忘れましたが、純正のバッテリキットを使用しました。 内部の汚れも綿棒を使えばとっても簡単に落とせます。 最後に、O-リングの傷やひび割れを確認します。 苦戦する人続出。

>

朗報!スント「ベクター」が日本限定100台で復活するよ!

ベクターは軽くて本当に着け心地が良いので、気になっていた方は是非おすすめします。 裏蓋を開ける バッテリーキットについている専用工具で開ける。 気になる方はご遠慮ください。 ここをしっかりとパッキンとシリコングリスでシールしていれば、基本お風呂につけても問題ない。 ・「Selectボタン」を押すと時間の設定に移るので時間を決め、もう一度「Selectボタン」を押すことで分の設定に移ります。 - 188,605 views• もっとも本体側はそれほどしつこい汚れは無いので、さっと拭く程度でキレイになりました。

>

【カスタム】SUUNTO(スント)『コア オールブラック』のベルト交換でお洒落にカスタマイズ!!

SUUNTO VECTOR スント ベクター カラー ピンク 限定カラーのピンクです。 画面の上側:バックルが付いた短い方• ・再び「Selectボタン」を押すと年の設定に移ります。 電池蓋部分には電池交換の際に出来たと思われる傷が少しあります。 まず、裏蓋の縁に溝が切ってありそこにO-リングがはまっているので、これを傷つけないように取ります。 スントの電池交換はとても簡単で、時計の種類に応じた『バッテリーキット』を購入し、バッテリーカバーを開閉するための『コイン』と汚れを拭き取る『綿棒』があれば簡単に出来ちゃう!! 電池単体でも交換出来ますが、バッテリーカバーのゴムパッキンが経年劣化してる場合があるので、今回は『バッテリーキット』を使用しました。 早いものでベクターを購入してから10年以上がベン・ジョンソンのスピードで過ぎ、今までに電池交換とベルト交換を何度か行ってきました。 今回準備したのは、• 力はそれほど必要無いです。

>

スント(ピンク/桃色系)の通販 27点

+(右上)• 掃除のため、ゴムパッキンを外す。 つか、ゴムパッキンにグリスは基本でしょ。 この記事の商品. - 45,037 views• - 57,459 views• 全体の色味として明度が上がったからか、ポップな印象になった気がします。 先日、に参加するために装備を揃えていた時、SUUNTOのベクターを確認したら電池が無くなっているのに気づきました。 2013年01月10日:• - 39,388 views• - 38,907 views• スントのベクターの基本的な使い方ですが、まずは各ボタンの配置を見てみましょう。 箱にわずかなへこみがありました。 【美品】スント ベクター ピンク (箱、説明書、保証書あり) シリアルナンバー:1229100930 の出品です。

>

スント ベクター/レガッタ電池種類・交換方法

どぅん!完成!!. ・「Selectボタン」を2秒間押し続けます。 その点では、電池式時計の『コア オールブラック』は付けっぱなしでも電池切れすることも無く(少なく)、1年程度は電池が持つそう!! こまめに充電するスマートウォッチに比べて、電池式は面倒くさくないのが最大のメリットかも? まとめ 〜型落ち価格でお買い得!!『コア オールブラック』は日常使いの時計に大活躍!!〜 今回、次男と僕でスント『コア オールブラック』を2つ購入しました。 電池の交換などで時刻合わせをする必要が出た時に参考にしましょう。 外し終わったら、交換用ベルトを取り付けていきます。 100円球とかより大きいしいい感じかな?なんて期待をさらりと見事裏切りこんな状態。

>