ルーナ ラブグッド。 意外と知らない魔法使いたちの関係性|魔法ワールド|ワーナー・ブラザース

ホグワーツの生徒

「息を呑むほどの美しさ」「非の打ち所がない」と形容される美女で、自身もその自覚があり、若干ぎみなところもある。 学校では靴隠しなどのいじめを受けるが、本人は特に気にしていない様子。 バディーア・アリ 主人公の同級生の女子生徒。 学年は記されていない。 第5巻では、すでにWWWの開店資金を得ていたためホグワーツに戻るか迷うものの、悪戯用品の市場調査とクィディッチのためにホグワーツに戻る。 ホグワーツの戦いでは、分霊箱を探すハリーたちの邪魔をするためにホグワーツに残り、クラッブ、ゴイルとともに「」で対峙するが、クラッブが放った「」によって命の危機に陥り、ハリーたちに助けられて脱出する。

>

ハリーポッターのルーナは何でレイブンクールだったのですか?グリ...

のちに人さらいに捕まるが、ともに捕まったハリーを助けに来たによって助け出され、の家に匿われる。 その後は、の後任として「薬草学」の教授になり、魔法大臣となったの依頼で、ハリーやロンとともに魔法省のにもなる。 また、旧姓が明記されている人物については文中で付記する。 私には妹がふたりと弟がいるんだけど、誰も私に焼きもちを焼いていないし。 もを好む変人だったが、ナが9歳のころ、の失敗により亡くなっている。 ルームメイトであるハリー、ロン、、のほか、、、と友人になる。

>

ルーナ・ラブグッド(初登場・寮・ネビル・結婚・ライオンやめがね画像他)|ハリーポッター | ポッターポータル PotterPortal

闇の魔女 [ ] デルフィーニ( デルフィーニ・ディゴリー) 演 - ()(舞台『呪いの子』ロンドン公演 ) の姪を名乗り、アルバスやスコーピウスと行動をともにする人物。 私、すっかり忘れていたのよ。 スリザリン代表チームのチェイサー(第1巻 - 第5巻)。 ルーナ・ラブグッドはその後結婚したの? 原作の「死の秘宝」までの中には、ルーナの後の姿は描かれていませんね。 主要人物および、(、、、)、、、に属する人物、のキャラクターについては、それぞれの項目で詳述する。 ファブスターという退役軍人の知り合いに対して、好意を持っているという裏設定がある。 妻と同じく息子を溺愛しているが、事情によっては叱ることもある。

>

ハリー・ポッターシリーズの登場人物一覧

に加わることはないが、闇の陣営側として誰かを傷つけることもなく終わる。 ミリセント・ブルストロード(Millicent Bulstrode) 演 - ヘレン・スチュアート(映画版) ハリーと同学年の女子生徒。 映画版は、『秘密の部屋』のみ登場。 ホグワーツ入学以前のハリー同様、自分に自信がない描写があり、スリザリン寮に入ることに不安を感じるが、父であるハリーから組分け帽子が生徒の希望を考慮することを聞いて安心し、ホグワーツ特急に乗り込む。 パーシバル・ダンブルドア アルバスの父。 カール・ジェンキンズ(Karl Jenkins) 演 - ジャック・ノース(舞台『呪いの子』ロンドン公演 ) アルバスやスコーピウスの同級生。

>

ルーナ・ラブグッド (るーならぶぐっど)とは【ピクシブ百科事典】

ナイジェル・ウォルパート(Nigel Wolpert) 演 - (映画版) 日本語吹き替え - (映画版) ハリーの3学年下の男子生徒。 映画版は、『賢者の石』『秘密の部屋』に登場。 死の秘宝の存在を確信しており、死の秘宝の印をつけてフラーとビルの結婚式に出席する。 この事件がきっかけで、ドラコは死喰い人をホグワーツに手引きする手段を思いつくことになる。 また、「」のクィディッチ担当主席記者に就任する。 魔法学校 [ ] ダームストラング専門学校 [ ] イゴール・カルカロフ 演 - (映画版) 日本語吹き替え - (映画版) 元死喰い人。

>

ルーナラブグッドが死んだ説と名言まとめ!結婚や吹替え声優も

旧姓はバブラッキー。 ダンブルドアも認める秀才であり、自由自在に姿を消せたといわれている。 クィディッチの専門家で熱狂的ファン。 その中にはルーナの名前はないが、はっきりと存命の描写がないのも確かだ(小説版)。 両親はともにの創立メンバーだったが、ネビルが1歳のとき、、ら4人のから「」による拷問を受けて心神喪失状態になり、聖マンゴ魔法疾患傷害病院に入院。 それからビルと結婚式を挙げ、「貝殻の家」と呼ばれる海沿いの家に移り住む。 このような流れでファンは、ハリーの息子達の名前は全て死亡した彼の恩人達の名を取ったものだと考え、ルーナの死亡説が噂されるようになったわけだ。

>

意外と知らない魔法使いたちの関係性|魔法ワールド|ワーナー・ブラザース

ダンブルドア軍団のメンバーとなり、第7巻終盤ではホグワーツの戦いに加わる。 最初こそ関係は良好だが、チョウはハリーがハーマイオニーと親しいのが気に入らず、さらにチョウの友人であるがダンブルドア軍団のことをに密告したために、ふたりは決裂する。 このとき、テディの後見人であるハリーは「テディは今でも週に4度はうちに夕食を食べにくる」と発言する。 まず、最初に確認ですが、 ルーナは映画でも原作でも死んでいませんよ! 原作では、ルーナはハリーがヴォルデモートを倒した後、ハリーとロンとハーマイオニーが静かにダンブルドアの肖像画と語り合う時間を作るのに貢献しているのが、最後の出番でした。 これによって母親に快く思われていなかったWWWが認められるようになる。 の寮に所属する女子生徒。 彼女の話す英語は訛りで、ビルと交際を始めてからはビルが英語の個人教授をする。

>

ルーナ・ラブグッド役イヴァナ・リンチが劣化!?熱愛彼氏とは!?

ヘンリー・ショー・シニア 演 - 日本語吹き替え - ノー・マジで、アメリカの新聞王。 その後もハリーに対して浮ついた好意を抱き続け、ウィーズリー・ウィザード・ウィーズから惚れ薬を購入し、それを混ぜたギリーウォーターを渡そうとするが、これもハリーに断られる。 所有のを不当な安値で買い取ったり、まだ若かったトム・リドルをこき使ったりしていた。 一方で孫のネビルのことは昔は「一族の恥」と叱るが、第5巻以降の著しい成長ぶりも評価し、第7巻では「一族の誇り」とネビルを称える。 相当不器量なうえに、だらけで、これを除去するために呪いをかけた結果、鼻がもげたり、付け直した鼻がまっすぐについていなかったりする。

>