検察 法 改正 案。 「検察庁法改正案」今さら聞けない大論争の要点

検察庁法改正案 政府・与党が再提出見送りへ

安倍首相は「国民の理解なくして前に進むことはできない。 これには浅野忠信さんや秋元才加さん、しりあがり寿さんなど多くの著名人もツイート。 これがまさに、立法事実を積み重ねていく行為であり、後に勝手な解釈で運用が行われない「運用方針・基準の明確化」であります。 より正確には国家公務員法81条の3に基づく措置であり、この法案次第で勤務延長がなくなるというわけではありません。 行政組織に関する一法律案に対して、国民の議論がこれほどまでに活発になった事例を筆者は知らない。

>

検察庁法改正案

極めてシンプルな内容でした。 これは従来の政府の見解でもあった。 ただ、ネット世論の激化も絡み、与党内からも採決強行に反対する声が出始めており、今後の展開に不透明感が増してきた。 政府は、1月31日に東京高検黒川弘務検事長の定年延長を国家公務員法の解釈変更というかたちで閣議決定しました。 これに対し、森氏は会見で「黒川氏の人事と法改正は関係ない」と強調。 これについて、ツイッター上では、9日夜から10日にかけて、俳優や演出家、漫画家などの著名人による抗議の投稿が相次ぎ、「#検察庁法改正案に抗議します」というハッシュタグをつけた投稿は10日午後3時半の時点で380万件を超えるなど、広がりを見せています。 これは、検察官が犯罪を起訴する権限を独占し(国家訴追主義)、しかも起訴・不起訴の広範な裁量権(起訴便宜主義)をもっていることから、人の裁量が一切入らない年齢という客観的基準で定年を決め、検察権に対する政治的な影響を制度的に排除するということを目的としています。

>

「検察庁法改正案」今さら聞けない大論争の要点

これをきっかけにツイッターで抗議デモが始まり、あっという間に500万件をこえる書き込みが殺到する、極めて異例の事態となった。 検察官も一般の国家公務員であるから同法が適用されるというような皮相的な解釈は成り立たないのである。 改正案で懸念されている「検察人事への政治介入」について、安倍晋三首相は国会で「あり得ない」などと答弁している。 主に労働事件(労働者側)を多数扱う他、交通事故、離婚・相続、借地借家等の一般民事事件を担当し、さまざまな裁判例を勝ち取っている。 捜査権をもつ公訴官としてその責任は広く重い。

>

検察庁法改正案に反対した芸能人一覧!なぜ反対するのか理由も調査!

(図3) 改正法案におけるイメージ図 c sonoda 図に明らかなように、出来上がった法案では、 人事院の影がすべて消されています。 CHECK! ここまで検察庁法改正案の反対発言をされた男性芸能人を見ていきましたが、このほかにも数名反対発言をしている人がいるようです。 大げさな話ではなく、検察庁という組織に対する信頼が揺らぎかねない事象であり、これは総理大臣や法務大臣がどのような認識であろうとも、Twitter上で国民の多くが疑念を投げかけたとおり、どのような認識を国民が受けるか、持つかというのは国民次第です。 当然ながらこの閣議決定には批判が殺到。 この点はややこしいので、少し詳しく説明します。 しかし、ご存知のとおり、検察官は政治家を含めて刑事訴追をする権限を持っており、したがって極めて高度な独立性が担保されている必要があります。 関係者がこの検察庁法改正の問題を賢察され、内閣が潔くこの改正法案中、検察幹部の定年延長を認める規定は撤回することを期待し、あくまで維持するというのであれば、与党野党の境界を超えて多くの国会議員と法曹人、そして心ある国民すべてがこの検察庁法改正案に断固反対の声を上げてこれを阻止する行動に出ることを期待してやまない。

>

検察庁法改正法案―まとめで分かった重大な事実―(園田寿)

以上、かなり複雑な仕組みですが、あえて図解すれば次のようになるかと思います。 これがいわゆる〈 役職定年〉です。 この法案に限らず、立法府が成立させた法律を行政府がどのように運用するのかは、国民の不断の意見表明と監視という努力によって最適化されていきます。 芸能人も国民の一人として表現の自由があります。 ・検事総長:65歳 ・検察官(検事長含め):63歳 検察庁法が定める条文は端的に以下の一文のみです。

>

検察庁法改正案、何が問題なのか?

それは、検察という組織の特殊性だ。 これが希望へのスタートでありますように!」などと記しました。 だが、内閣の判断で幹部人事が左右されれば、検察の独立性や政治的中立が損なわれる懸念がある。 ちょっとややこしいですが、図解すると次のようになるかと思います。 優秀な検察官といえども、一度就いた役職にはできる限り長く留まりたいと考えるのが普通でしょう。 これに先立ち、検察庁法の改正案の取り扱いをめぐり、自民党の森山国会対策委員長は、立憲民主党の安住国会対策委員長と会談しました。

>

「検察庁法改正案」をわかりやすく解説!朝日新聞のちょい読みで核心に迫る

次長検事は、最高検察庁に所属し、検事総長を補佐する役目です。 与党は、改正案は2022年4月施行のため、同年2月に65歳になる黒川氏の定年は再延長できないと説明している。 ) あとは非常に細かな点ですが、興味深い点として、検察庁法改正案第22条第6項で、「内閣の定めるところにより」という極めて法文上珍しい定め方をしているのも説明を求めたい点です。 以下、順番に解説していきます。 検察自体は行政権に含まれるのですが、刑事事件についての捜査権だけでなく、起訴する権限を唯一与えられているのが検察です(起訴独占主義)。 例外なく年齢でスパッと職を切るということは、すべての犯罪についての捜査権を持ち、公訴権を独占し、起訴するかどうかの裁量も一手に委ねられている検察官が、いかなる者や組織からも独立性を保ち、癒着が生じないようにするためであるといわれています。 一方で「公務員の定年を65歳にするのは前から決まっていた」「選挙で選ばれた政治家が検察をコントロールするべき」など賛成の意見も多く寄せられました。

>

「#検察庁法改正案に抗議します」投稿広がる 380万超に

与党も批判を気にして色々動いてるんだ。 より重要なのは、「私たちはあなた達の運用を見ていますよ」というメッセージを発し続けることで、行政府が間違った方向に行かないように予防することです。 。 この点を踏まえて、検察は、準司法機関と呼ばれることもあります。 会談後、立憲民主党の安住国会対策委員長は記者団に対し、「武田大臣に対する不信任決議案の決着がつくまでは、衆議院のすべての委員会は動かせない。 従来の解釈を変更して閣議決定で定年延長をするというパワープレイをした政府としては、再延長という更なるパワープレイをしないといけないのは避けたいというのが本音でしょう。

>