謹賀 新年 意味。 「謹賀新年」と「あけましておめでとう」は重複?使い方を見直してみよう!

正しく使おう「謹賀新年」「賀正」「迎春」の違い

24件のビュー July 15, 2019 に投稿された• 「明けましておめでとう」を丁寧に表現した言葉であるというイメージも持っていても、この 「謹賀新年」という言葉にはどんな意味があるのかを正しく理解できている人は意外に少ないものです。 上司や目上の人への年賀状はどちら? 上司や目上の人には 「謹賀新年」と「恭賀新年」どちらを使っても問題ありません。 「松の内」までが期限 謹賀新年を使える期間は、一般的に年賀状を出す期間として決められている「松の内」までが使用期限とされています。 松の内は、関東、関西、他地域では大きく異なり、1月1日~1月7日までの期間の地域、1月1日~1月15日までの地域の一般的にこの二つに分かれています。 一般的には、年賀状を始めとした新年の挨拶には、謹賀新年が使われることが多いですが、恭賀新年を使っても問題はありません。 「謹賀」は謹んでお喜びを申し述べるということを指しているため、全体では「謹んで新年のお喜びを申し上げます」という意味になります。 良いお年を」という意味です。

>

謹賀新年とは?意味は何?恭賀新年との違いは?

「謹賀新年」の正しい使い方 「謹賀新年」の後には賀詞を続けない 「謹賀新年」や「賀正」と書いた後に、「あけましておめでとうございます」と続いている年賀状を見掛けることがありますが、これは誤りです。 謹んで年始のご挨拶を申し上げます などが礼儀にかなった賀詞となるわけなんですね。 そして、「新年」は読んで字のごとく「新しい年」の意です。 謹賀新年の言葉自体に、新年が明けておめでたいという意味があるため重複してしまうからです。 まとめ 新年の挨拶や年賀状では、 「明けましておめでとうございます」がスタンダードな言い方です。

>

「謹賀新年」の意味とは?いつまで使えるのか・目上に失礼かも解説

しかし、謹賀新年スタンプを使う際は、スタンプの色は「赤」か「金」の2色から選ぶ必要があるので、他の色を使ってしまわないように注意しておきましょう。 敬頌新禧(けいしょうしんき):恭しく新年のお喜びを申し上げます• まとめ いかがでしたか? 迎春や賀正を、年上の方への年賀状に使ってしまった、という方は案外多いのではないでしょうか。 松の内以降は寒中見舞いを 松の内以降に年賀状の返事を書く場合は、年賀状ではなく寒中見舞いを出します。 また、後に「あけましておめでとうございます」と続けると賀詞が重複することになるのでご注意ください。 敬頌新禧(けいしょうしんき) :恭しく新年のお慶びをおたたえ申し上げます• 賀詞は年賀状の一番最初に書き、文字を大きくすると良い• まず両者の意味をご覧ください。 虚礼廃止などの呼びかけで、形式だけの儀礼的な行為を廃止する方向に進んでいます。 また、その使用期限も地域によって異なるケースがあるため、確認しておくことも大切です。

>

謹賀新年の意味は?あけましておめでとうと併記??英語は?

うっかりミスをしないようご注意ください。 笑門来福(読み方 しょうもんらいふく) 笑う門には福来るの四文字熟語としてとらえるのが一般的でしょう。 一人前の大人として、年賀状はミスなくしっかりと送りたいもの。 2つの言葉にはそれほど違いはありませんね。 賀詞にはそれぞれ違った意味や使い方がある。 なので、 「謹賀新年」と「あけましておめでとうございます」を併用するということは「おめでとう」が重複して、二重の表現になってしまうのです。 迎春(げいしゅん):新年を迎える• 「慎んで」は相手に失礼にならないように行動を律することです。

>

謹賀新年の意味といつまで使えるのか?恭賀新年との違いは?

【取引先に送る際の文例】 謹賀新年 昨年中は大変お世話になり、ありがとうございました。 賀詞には、「謹賀新年」や「恭賀新年」の他にも、 「 謹んで新春のご祝詞を申し上げます」 といった 文章の賀詞もあれば、 「 寿」「 福」「 賀」「 春」などの 一文字の賀詞、 「 賀春」「 初春」「 新春」などの 二文字の賀詞、 「 恭賀新年」「 敬頌新禧(けいしょうしんき)」などの 四文字の賀詞があります。 「謹賀新年」「賀正」「迎春」は、年賀状に限らず新年を祝う 「賀詞 がし 」と呼ばれるものです。 どちらも「新年」がついていますが、どのような意味を持つ言葉なのか、それぞれお伝えしますね。 142件のビュー December 10, 2017 に投稿された• もう少しフランクな表現には、「寿」「迎春」などがあります。

>

年賀状の謹賀新年と恭賀新年の違いや使い方を詳しく紹介します!|終活ねっと

これまで意識してこなかったという方は、次に年賀状を出すときに意識して年賀状を書いてみると良いかもしれません。 おかしいですよね。 「謹賀新年」の意味とは? 「謹賀新年」は新年を祝う賀詞 「謹賀新年」は新年を祝う賀詞のひとつです。 この「謹んで」というのは、相手に敬意を払い謙虚に振る舞うことをいいます。 特に、「迎春」や「賀正」は、年賀状にごく一般的に使う言葉ですが、これは目上の方が目下の人へ送る時に使う言葉ですので、自分よりも年配の方に送る場合は失礼になります。

>

謹賀新年と恭賀新年の意味とは?上司や目上の人にはどっちを使うべき?

しかし、別途作製できないければ、手持ちの名刺に謹賀新年スタンプを捺したものでも大丈夫です。 「恭しく(うやうやしく)新年のお祝いを申し上げます」という意味があり、 礼儀正しく振舞っている挨拶になります。 二字熟語の意味は? 二字熟語の賀詞でよく使われる言葉、意味を紹介します。 謹んで新春のご祝詞を申し上げます• 漢字2文字でも「賀正(正月を祝います)」「迎春(新年を迎えました)」「新春(新しい年です)」といっているだけで、相手に対する敬意や丁寧さに欠けてしまいます。 謹賀新年に続く文例は? では謹賀新年に続く文章はどのように書けばいいのでしょうか。 それぞれの言葉の意味に細かな違いはありますが、どれも新年を祝うものであり、意味に大差はありません。 もちろん、親しい間柄の人にも、新年の挨拶としては礼儀を尽くしているので使うことができます。

>