動画 早送り iphone。 動画倍速編集フリーソフト3選!簡単に動画を早送りして保存する方法!

倍速!無料のおすすめ動画早送りアプリ8選

2倍速までしかなかったので、自分で3倍速と4倍速の項目を追加。 iPhoneだけでなく、Androidスマホもご利用できます。 やはりApple製のアプリは使いやすいものが多いですね。 パノラマ• 動画の早送りの調整 黄色い枠の端(太くなっている部分)を動かすと、読み込む動画の始点と終点を選択できます。 シンプルなインターフェースで、動画を倍速する方法もとても簡単です。 テーマは現在シンプルが選ばれていて動画 「プロジェクトフィルタ」色の変化などできるのですが、「なし」しています。

>

iPhoneからGoogleドライブを使って写真や動画を送る方法(綺麗なままで)

設定が終わったら「確認」をタップして保存します。 iPhoneユーザーなら、iMovieが定番なチョイスですね。 タイムラインの動画ファイルをタップすれば、「倍速」アイコンが表示されます。 場合によっては価格が変動・ストアから削除されている可能性がありますのでApp Store、Google playでお確かめください。 ステップ4:編集した動画ファイルを保存する 作成したら上タブの「エクスポート」をクリックし、編集したビデオのエクスポートができます。

>

意外と知らない『iPhoneボイスメモ』の活用術6選! 編集・復元など使い方も紹介|TIME&SPACE by KDDI

すると全画面が表示されて、縦向き動画の編集が可能となります。 Part 3:PCで早送り動画を作成するソフトおすすめー「Filmora(旧名:動画編集プロ)」. 他にも、動画内音声のボリュームを調節できたり、逆再生(音声なし)動画が作れたり、動画と動画の間に切り替え効果を適用することもできます。 まずタイムラインにある「+」マークをタップします。 2:「GOODTIME -あなたが作るCM・PV動画- グッドタイム」 特徴:動画編集ソフトです。 「ビデオ」に収められたフォルダが表示されるので「すべて」をタップします。

>

iPhoneやiPadでYouTubeの再生速度を3倍速や4倍速にする方法

「カメラ」アプリ内の画像や動画が表示されるので、その下にある「ムービーを作成」をタップ。 「ピンチでビデオを拡大縮小」と表示されたら、プレビュー画面を親指と人差し指で触れ、指を閉じます。 基本無料で利用できる動画編集アプリですが、無料版では「30秒以上の動画書き出し制限」や「広告表示」「完成動画にロゴ表示」などのデメリットがあります。 動画を保存できる機能もあるのが嬉しいです! 再生機能が充実した動画早送りアプリを使いたい人にオススメです! ウゴトル 再生に特化した動画早送りアプリです。 動画を先頭に合わせて、タイムラインの再生ボタンをタップ。 もちろんミュージックも入れる事ができ、音量の大きさなども選べます。

>

動画の一部分だけをスロー再生・早送りする方法

特にBeeCutは完全無料で、ロゴなし1080p早送り動画を編集することができます。 音楽や効果音が同時に追加可能• 「素敵な動画」をタップして、カメラロールの動画を選んでインポートします。 。 それがWondershare です。 今回は「ムービー」を選択します。 簡単に早送り動画を作りたいなら、このソフトはいいじゃないでしょうか。

>

タイムラプス動画を作成するアプリ

これでカットしたい部分が切り取れました。 そして、30分以上撮影した場合は、全て自動的に30秒の動画となるようです。 (あとからでも変更できます) 動画の読み込み スマホ内にある、編集したい動画をプロジェクトに読み込んできます。 こちらは動画のトリミング、、クロップ、倍速・、テキスト、音楽、スライドショー作成などの編集機能も揃われている完全無料なアプリです。 では実際に動画編集を行っていきましょう。 表示された画面の左上にある「+」マークをタップします。 「アクションを追加」から「SafariでJavaScriptを実行」を選択し、下記のJavaScriptをペーストします。

>

動画倍速編集フリーソフト3選!簡単に動画を早送りして保存する方法!

3つ目:『俺の編集』 速度の異なる動画を繋ぎ合わせたユニークな動画が作れる『俺の編集』というアプリがあります。 ちなみに、アップルのユーザー向けの無料動画編集ソフトとして、Macパソコンだけではなく、 iOSデバイスも使えます。 以上の手順で、動画を早送りしたり倍速にしたり、またスローモーションにすることができました。 このアプリでは動画編集機能を使って動画作りに役立てることができます。 ハサミのようなアイコンをタップして、ビデオをインポートします。 ダッシュボードみたいなアイコンをタップすれば、動画のスピードを調整できます。

>