永代 供養 と は わかり やすく。 永代供養とは?そのメリット・デメリット

永代供養墓の意味とは?費用の相場やどんな種類があるのか紹介

単独墓 通常のお墓と同様に個別の墓石を建てて、納骨するタイプ。 この法要施設ですが、寺院には基本的に備えられています。 葬儀場 を探す• 永代供養とは、寺院が永代にわたり供養する事をいう。 個別安置の期間を確認 個別タイプを選んでも、 一定の期間をすぎると合祀される場合がほとんどとなります。 合祀墓に納骨する際は他の故人の遺骨も一緒に納骨されます。

>

【保存版】永代供養とは?メリットやデメリットなどを完全解説!

本人による生前契約も可能 永代供養については自分の死後に備えた 終活の一環として生前契約で申し込むこともできます。 海が好きな人• 真言宗の篤い「弘法大師信仰」からもわかるように、日本の仏教の聖地である高野山、真言宗の総本山である東寺と同様に、善通寺は空海生誕の地として、 弘法大師の三大霊跡にふさわしい寺院なのです。 墓石は種類によって50万円から100万円と幅があるため、必ず確認が必要です。 実際に僕が担当したお客さんでも、墓じまいの情報に乏しく、実は遺骨の改葬先が複数あって、自分にあったものを選べると知らない人が多かったです。 多少駅から遠くても、駐車場が完備されていることが多く、お参りに通いやすい点もメリットとしてあげられます。 合祀までの期間• 永代供養に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ 葬儀・永代供養に関するご準備は事前に行うことが大切です。 樹木葬• 合祀(ごうし)とは、 簡単に紹介すると他の人の遺骨と一緒に埋葬をすることです。

>

永代供養とは?かかる金額と、30年・50年後どう扱われるか

しかし、寺院によっては入檀を求められることがあるようなので、金銭的理由で永代供養を選択する場合には注意しましょう。 手続きと流れ8:永代供養先へ納骨 お墓から遺骨を取り出した時点で自宅に遺骨を置くことになります。 お墓タイプの費用 お墓タイプの永代供養の費用相場は、次のようになっています。 屋内型 屋外型 ロッカー型 納骨塔型 霊廟型 納骨壇型 機械式納骨堂 墓石型 - 樹木葬 - 散骨 永代供養墓に「墓」とあるので、墓石を利用したお墓と考える方もいますが、必ずしもそうではありません。 永代供養に対応している霊園・墓地を探したい場合は、「」を参考に進めてみてください。 北海道・東北• 管理方法が寺院や霊園によって異なるため、検討する際に確認するポイントをご紹介します。

>

永代供養とは?かかる金額と、30年・50年後どう扱われるか

永代供養とは、お墓の管理を、継承者に代わり、霊園・寺院がしてくれること• 「永代供養」もその一つです。 こんな人にオススメ• また、散骨には様々な種類があるため一つずつ解説していきます。 そのおかげで都心部に施設を構えることができるのですが、都心部はどうしても地価が高くなるため、そのぶん費用も上がります。 主なメリットは以下のとおりです。 故人の遺骨をお墓に納めたらおしまい、ではありません。

>

永代供養とはどんな意味?種類・費用相場・メリット&デメリット

一方で民間経営の霊園の中にも無宗教の方に開かれているところは少なくありません。 後継者が居なくても申し込み可能 まず、永代供養はお墓の後継者つまり 跡継ぎがいなくても申し込みをすることができます。 あくまでも、 「お寺が続くまで」の意味だと思えばいいでしょう。 永代供養は霊園・お墓が存続する限り続く• お墓がある霊園や寺院に改葬したい旨を伝えてください。 トラブルを避けるためにも、改葬したい理由をきちんと説明することをおすすめします。 出典: 永代供養とは、 長い年月をかけて亡くなった方を供養する行為ということがわかると思います。 樹木葬 樹木葬とは、 墓石の代わりに樹木を墓標として埋葬することです。

>

【永代供養】墓じまい遺骨の行き先を5つ紹介

永代供養は 基本的に「一代限り」となっており、次の世代に継承することはできません。 永代供養墓に変更するには 現在一般の個人墓を使っている方で、永代供養墓に変更したいという場合の手続きを、簡単にまとめました。 神戸市初となる市営墓地「鵯越合葬墓」は、第一期募集に応募者が殺到。 永代供養のメリットは、以下のようなものが挙げられます。 これを「塔婆供養」と言います。 新しく墓を建てるより費用を抑えられる 合同墓の場合は墓石代がかかりませんし、墓地の使用料なども安くなります。 久遠墓と呼ばれる最初の永代供養墓は、現代の合祀塔のようなお墓ではなく、個人墓などが約2,000基建てられたそうです。

>

永代供養をするためにローンは組めるの?わかりやすく解説します!|終活ねっとのお墓探し

単独墓にもさまざまな種類があり、「個人墓」「夫婦墓」など状況に合わせて選ぶことができます。 核家族化、子供の減少などにって、お墓の継承が深刻な問題になってきました。 そのため供養を任せるお寺や運営者が、どのような考え方を持って供養に取り組まれているかを確認することも大切です。 現在お墓がある霊園の管理者の署名と捺印が必要になりますので、書いてもらってください。 合祀されると基本的に改葬ができなくなる• デメリットとしてはどのようなものが挙げられるのでしょうか。

>

永代供養とは?かかる金額と、30年・50年後どう扱われるか

死亡者の本籍、住所• このようなお墓に眠っていたご遺骨が無縁仏と呼ばれ、現在大きな問題になっているのです。 できれば、いくつかのお寺に確認する、直接足を運んで事前によく確認するなどしてから決めたほうがよいでしょう。 永代供養を託すべき寺院の先行きも、なんとも不透明な時代なのです。 合祀墓の費用は寺院や霊園によって異なりますが、平均すると永代供養料が7万円から10万円、墓誌刻字料が3万円から5万円です。 お墓を作った段階で開眼供養というものをしていてお墓には故人の魂が宿っています。 だから、その点に関しては特に宗教色はないので安心できるのです。 この期間は契約時に選ぶことができ、安置した遺骨は契約期間を過ぎると 合祀墓 ごうしはか という 共同の広い納骨スペースのあるお墓へ骨壺から取り出して一緒に埋葬されます。

>