Unity オブジェクト 非 表示。 【Unity】スクリプトからゲームオブジェクトの表示・非表示を判定する

オブジェクトを透明にする

まずはサンプルのプログラムを作り実行してみます。 例えば「Cube」という名前のGameObjectを見つけたい場合は以下のスクリプトになります。 ウインドウ 以下のショートカットキーを押す事で対象のウインドウを表示する事ができます。 その管理を行う画面が、 Projectウィンドウになります。 このColorウィンドウで色を変更することでPanelの色を変更することができます。 非表示にする時はSetActive false ;と記述しましたが、表示にする場合はSetActive true ;と書き換えてあげます。

>

Unity オブジェクトの表示・非表示切り替え【非表示オブジェクトの読み込みも】

nに数字をいれるんですが、子要素を上から順番に「0,1,2…」と割り振って取得したい番号を入れます。 ここではボタン(Button)が2つ、テキスト(Text)が1つのUI群を作成します。 変数 説明 None 全てのオブジェクトを表示します。 対象のモデルの側面・背面などを見たいときなどに便利です。 Find関数を利用した方法です。 指定したGameObjectまたはその子オブジェクトたちの type(主にCompornent)から指定したCompornentを取得します。

>

Unity オブジェクトの表示・非表示切り替え【非表示オブジェクトの読み込みも】

非アクティブのオブジェクトもOK また、transform. GameObjectの名前 Public関数 関数の内容 GameObjectのインスタンス ID を返します。 HideAndDontSave HideInInspector以外の上記変数全ての機能を併せ持ちます。 先ほどのゲームは、• スクリプトでオブジェクトのアクティブ・非アクティブを切り替える スクリプトでオブジェクトのアクティブ・非アクティブを切り替えるにはSetActiveメソッドを使用する。 Colorウィンドウ表示 Panel色変更 また、Panelでは色のアルファ値を変更することも大切です。 FindGameObjectsWithTagと似ていますが、この関数の場合1つのGameObjectだけが返ってくること、FindWithTagの方が処理が早いという点が異なります。

>

【Unity】表示・非表示を SetActive で行うか enabled で行うか切り替える【拡張メソッド】

モデルを集中してみる事ができるため開発中には便利な気がします。 もし見つからない場合は空配列(null)を返します 指定したtagを持つアクティブなGameObjectを返します。 残りの部分でそれぞれのボタンが押されたときの処理をメソッドとして記述しています。 UI要素のテキスト内容、配置は任意ですので自由に配置してください。 オブジェクトの取得はかなり良く行うことで、「〇〇したらあるオブジェクトを動かす」のようなことをやる際に必須です。

>

Unity:実は知らない!?Sceneビューの使い方

Unity における似た処理を切り替える拡張メソッドは,他にも提案しております。 例えば、以下のブロック崩しゲームがあったとします。 それぞれのPanelの名前と構成要素(子オブジェクト)は以下の通りです。 こんなふうに並んでいて、順番に消えていき、 最後には戻ってきます。 初めから画像のようなLayerが存在し、増やしたい場合は自分でLayerを増やすこともできます。 Windows の方は Command を Control, Option を Alt と読み替えていただければ同じように使えるとおもう。

>

【Unity基礎】SetActiveを使ってゲームオブジェクトを表示・非表示にする方法

Tagの新規作成 自分でTagを作成する場合、上の画像の「Add Tag…」を選択します。 それを利用して、ちょっとした メーターっぽいものを作ってみます。 Step4. GameObect. スクリプトを適用する それでは実際に空のオブジェクト「UIManager」を作成してUIManagerスクリプトをアタッチしましょう。 例えば、「obj」というGameObjectをクローンする場合のスクリプトは以下のように作成します。 理由は GameObject. 子オブジェクトに変更 子オブジェクトに変更後、Panelを非アクティブに変更して全てのオブジェクトが見えなくなれば正しく子オブジェクトになっています。

>

【Unity】テキストをオブジェクトの後ろに表示する方法(3D編)

具体的には、他人に編集されたくないGameObjectやCompornentをHideさせて編集できないようにします。 名前だと特定のオブジェクトを取得することはできますが、逆に言うと複数の取得には向いていません。 この場合、以下のようにSetActiveを使ってGameObjectを非アクティブに変更にすることがあります。 オブジェクトを生成するといっても本当にゼロから生成する訳ではなくて、 Prefab(プレハブ)として用意した素材テンプレートを、プロジェクトの中に取込んでオブジェクトとして生成する様なイメージになります。 GameObject. 簡単にGameObjectを生成したい時に利用します。 もし非アクティブのオブジェクトを検索したい場合はTransform. もちろん、返り値は配列となりますので、ご注意ください。 例えば、「Player」というTagを持っているGameObject(Wall1)があった場合、そのGameObjectを削除したい時には以下のスクリプトを使用します。

>

Unityのボタンのenabled/setActive/interactableの違い

ちなみに前述の通り 非アクティブなGameObjectはFindで検索できなくなるので、ご注意ください。 Findは全検索できる このGameObjectの特徴としては、どのオブジェクトでも取得可能です。 この場合以下のスクリプトで実現できます。 このスクリプトでは、Input. GetComponents この関数は指定したGameObjectの全てのコンポーネントを取得することができます。 そうすると、先ほどの黒いボールが画面上に表示されます。 また、後述のSendMessageUpwardsは指定したGameObjectと親オブジェクトを参照できます。

>