日本 鉄道 電気 技術 協会。 日本鉄道電気技術協会

第27回鉄道技術・政策連合シンポジウム (J

「」コースに「」を掲載しました。 日本鉄道サイバネティクス協議会 日本鉄道サイバネティクス協議会は、鉄道におけるに関する技術の調査研究、規格策定等のために、1963年に設立された協議会である。 1.設立の経緯 社団法人「日本鉄道技術協会(JREA)」が設立されたのは昭和22年2月(同年8月社団法人許可)であり、当時の運輸省鉄道総局(後の国鉄・現在のJRグループ)の技術幹部が提唱して、国鉄・民鉄および産業界を含めた全国の鉄道技術者に呼びかけ、ともに連帯意識を持って志気の高揚をはかろうとしたものである。 2.名称 一般社団法人 日本鉄道技術協会 3.設立日 昭和22年2月26日(同年8月9日社団法人許可、平成23年4月1日一般社団法人移行) 4.目的 この法人は、鉄道技術の進歩改善、鉄道技術に関する知識の普及及び鉄道技術者の技術の向上を促進、支援することにより鉄道の安全性と鉄道技術の向上を図り、もって鉄道事業の振興を通じて国民生活の安定向上と利益の増進に寄与することを目的とする。 主に磁気乗車券(特に、クレジットカード等より若干幅の広い、磁気プリペイドカードのサイズはサイバネ規格によるもの)、(などが準拠、ただしSuicaのサイズ等はISO規格ベースである)、(サイバネコード)などの規格がある。 「」コースに「」を掲載しました。

>

日本鉄道電気技術協会

この協議会で策定された規格は、 サイバネ規格と通称される(CJRC規格とも呼ばれることもある)。 概要 2月に、当時の鉄道総局(のちの、現在のグループ)の技術幹部を中心に、国鉄・民鉄・産業界問わず鉄道技術者の連携のために設立した。 以前は鉄道局所管のだったが、に伴い、に一般社団法人に移行した。 日本が敗戦の荒廃に打ちひしがれている中で、我々の先輩はこれに屈せず国土の再建を図り、そしていつの日か日本特有の鉄道技術を持って世界に雄飛しようと立ち上がったもので、それから20年後には新幹線という高速鉄道システムを作り上げました。 刊行図書 刊行図書一覧• 「」コースに「」を掲載しました。 過去には、の開発(一時は所有も)したこともある。

>

日本鉄道技術協会

現在21世紀に入り情報技術(IT)の進歩は目覚ましいものがあり、今後このITを活用する等さらに一段と飛躍した鉄道システムが実現されようとしています。 。 「」コースに「」を掲載しました。 略称はJREA。 また協議会に参加するためには多額の年会費を払う必要があり、その費用が負担となるため参加せず独自規格でICカードを導入している事業者もある。

>

協会概要

「」コースに「」を掲載しました。 関連項目• 開催日:2020 年 12 月 15 日(火)~12 月 17 日(木) 場 所:オンライン会議(システムはZoomを予定) 主 催: 公社 土木学会 共 催: 一社 日本機械学会, 一社 電気学会,日本交通学会 後 援: 国土交通省 協 賛: 一社 日本鉄道電気技術協会, 一社 日本鉄道技術協会. 一社 日本鉄道施設協会 一社 日本鉄道車両機械技術協会 , 公社 鉄道貨物協会 , 公社 日本交通計画協会 一社 日本産業機械工業会 , 一社 日本地下鉄協会 , 一社 日本鉄道車輌工業会 一社 日本民営鉄道協会, 一社 海外鉄道技術協力協会, 一社 日本建設業連合会 一社 鉄道運転協会,レール・車輪接触力学研究会 JSCM ,レイルウェイデザイナーズイブニング. 当時は事務局を日本鉄道技術協会においていただけだが、に併合して、特定部会として活動している。 自主調査研究(総合安全調査研究会)、国などからの調査研究の受託、海外鉄道技術調査団の派遣、会誌の発行、講演会や見学会の開催などを主な業務としている。 日本鉄道技術協会 Japan Railway Engineers' Association 団体種類 設立 (昭和22年) 所在地 1-28-6 タニビル4階 : 主要人物 会長(代表理事) 秋田 雄志 活動地域 主眼 鉄道技術の進歩改善、鉄道技術に関する知識の普及及び鉄道技術者の技術の向上を促進、支援すること 活動内容 鉄道事業に資する技術の進歩改善に関する調査研究 他 一般社団法人日本鉄道技術協会(にっぽんてつどうぎじゅつきょうかい, : Japan Railway Engineers' Association)とは、日本のに関する技術の総合的な調査研究等を行うである。 。 。 。

>

協会概要

。 。 。 。 。 。 。

>

日本鉄道技術協会

。 。 。 。 。 。

>

日本鉄道電気技術協会

。 。 。 。 。 。

>