ニュース ステーション コロナ。 テレ朝「報道ステーション」富川悠太アナ、新型コロナ「陽性」…放送態勢に影響必至― スポニチ Sponichi Annex 芸能

“高熱で震える手”。「味がしない。せきも」と食レポ。『報ステ』総合演出が自撮りしたコロナ映像の貴重さ(水島宏明)

運営者は参加者に専用活動量Karamoを配布し、 参加者自身のスマートフォンにインストールされた専用アプリを介してデータを収集します。 今月8日ごろから息切れを感じるようになり、同じような症状が続いたため10日、医療機関を受診したところ肺炎の症状がみられて入院し、検査を受けた結果、11日に感染が確認されたということです。 今まさに問題になっている感染拡大を考える上でも「アナウンサーに原稿を読ませて終わりにしないでくれよ」と。 『報道ステーション』関係者で感染が確認された5人のうち、【重症】になった伊藤氏を除けば富川悠太キャスターら他の4人は【軽症】と診断され、入院して治療を受けた者や自宅療養で回復した者など 症状も回復までの時間もバラバラだった。 自分が出演者だったときに、スタッフがどんな風に動いてくれていたか。 富川アナに異変があったのは今月7日。

>

野口さん、クルードラゴンからISSに…「コロナの困難に打ち勝つ気持ちで頑張る」 : 科学・IT : ニュース : 読売新聞オンライン

感染拡大が続く中で、報道番組は「使命」として放送を続けている。 今回、テレビ朝日『報道ステーション』というニュース番組で、自分たちが放送の中でさんざん「感染予防」で注意喚起しながら、感染者が出てしまったことに対して批判の声も根強い。 富川アナの代役として急きょ、起用されたのが小木アナ。 テレビ朝日によりますと、感染が確認されたのは、「報道ステーション」のメインキャスターをつとめる富川悠太アナウンサー(43)です。 終了後には視聴者から心配する声が上がるほどだった。 富川アナは報ステの月~木曜を担当。 自分自身を被写体として計算して撮影していることがよくわかる。

>

野口さん、クルードラゴンからISSに…「コロナの困難に打ち勝つ気持ちで頑張る」 : 科学・IT : ニュース : 読売新聞オンライン

(伊藤賢治さん) 「非常に体調がいいです。 分析・集計やレポート作成に係る非効率な時間や人件費を削減することができます。 4月17〜19日、同局では3日間で本社内の全館消毒活動を行い、以降スタッフは原則自宅作業の対策が取られている。 夜になるとこうやって寒気に襲われて高い熱が続きます」 (体温計をカメラの前に示す) 「熱が39. 政府が緊急事態宣言を発令した日で、番組途中から明らかなかすれ声になり、苦しそうな表情も見せた。 テレビ報道のプロである人間が自らの症状を記録して、必要な映像を計算しながら自分を撮影し、その治療の経過や薬などの投与や効果などをこれほど克明に記録したケースは日本ではない。 だが、伝統ある『報ステ』を休止させるわけにはいかないと『団結して協力をお願いします』とスタッフ、一人一人に頭を下げて回ったそうです」(番組関係者) 当初、小木アナに代わったことで視聴率低迷が懸念されたが、「全くの杞憂だった」とテレ朝関係者がこう続ける。

>

報ステ、富川アナ以外も体調不良 全スタッフ自宅待機に [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

「濃厚接触者」はどういった基準で決められるのかも知りたかったです。 基幹システムの会員情報や利用状況、からだステーションから得られるライフログを一元管理し、日々のフォローや運営を行うことが可能になります。 地球出発からドッキングまで約27時間半という長旅の疲れも見せず、先に滞在中の飛行士らと抱き合うなどして笑顔を見せた。 これにより、既にクラブで所有する機器からも簡単にデータを連携・管理することが可能です。 国際宇宙ステーションに入室した野口聡一飛行士(右から2人目)=NASATVから ドッキングから約2時間後、野口さんはISSに入室。 経緯は以下のとおり。 事実、伊藤氏のカメラワークなどを見る限り、 さすがにテレビ報道のプロとして、自分自身も「素材」「被写体」として、冷静に計算しながら撮影していることがよくわかる。

>

テレ朝「報道ステーション」メインの富川アナ 感染確認

現在入院中。 視聴者に示しがつかない」 「とりあえず、報道ステーションは本日(4月13日)の放送で、富川さんの二週間の行動履歴、症状が出てからの体温推移、なぜ報告が遅れたのか、感染経路はなんなのか、全部報告すべきです」(テレビウォッチ編集部). そんな立場の人間が自ら新型コロナに感染して入院した。 7月期の放送からアナ(43)とアナ(45)を交代させる人事案が持ち上がっているというのだ。 この白い部分が肺炎なんだそうです。 ですから、報ステの経緯報告も出演者を経験した一人として見ていました。 【4月17日 発症7日目】 (病室から見える青空の映像) 朝の体温が平熱に迫っていたという情報の後で伊藤さんの自撮り映像が続く。

>

ニュース|カラダ、「ミエル化」 からだステーション

しかし7日の本番中にたんが絡み、かすれ声に。 「発熱や息切れなどの自覚症状があっての放置ですからね、他人にうつさないよう油断せずに対応することを、呼びかけていた当人がこれでは。 ちょうどこのあたりに白い雲がかかったような状態になっています。 報道番組でも初めて感染者が出た衝撃は大きく、今後の放送態勢に影響が出るのは必至だ。 コロナ危機の中でも社会のために重要な役割を果たす報道関係の方々には、慎重すぎるくらい慎重な姿勢が求められています」 「富川さんは発熱した際になぜ橋下徹さんがとった行動をとれなかったのでしょうか? 橋下さんはお手本を示したはずですよね。 アビガンはウイルスの増殖を抑える効果が期待されている薬だ。 からだステーションを通じて、日々の変化や楽しさを感じて頂くことが可能です。

>

“高熱で震える手”。「味がしない。せきも」と食レポ。『報ステ』総合演出が自撮りしたコロナ映像の貴重さ(水島宏明)

横浜国大卒業後、99年にテレビ朝日入社。 ひどい寒気が襲ってきました。 感染経路は分かっていないという。 その詳しい報道内容が注目され、番組は2月27日放送で平均視聴率が20%の大台を突破。 平熱が続いたことから6日(月曜)に通常出勤した。 ここからはあくまで筆者の推測だが、伊藤氏の場合は、 調子が悪くなった頃から自宅での様子を映像で撮影しているのではないかと思う。

>