イン フォーマ マーケッツ ジャパン 株式 会社。 インフォーマ マーケッツ ジャパン株式会社へ社名変更

インフォーマグローバルマーケットジャパン株式会社

眼科系• Informa Marketsとは Informa Markets(インフォーマ マーケッツ)は世界最大のB2Bイベント主催企業です。 近年はイギリスと両国を中心に、出版事業に加え、ビジネス情報分析やビジネスイベント運営企業としても成長しており、に国際会議などのイベント運営企業である IIR Holdings( Institute for International Research)の買収を発表 、にマーケット分析企業の Datamonitorを買収しグループ企業におさめた。 欧州はMDR の要求事項として厳格に規定された製造販売業者が果たすべき義務を中心に、OEMビジネスに関連する条例、及びその他の方法について新医療機器規制MDR 対応のポイントを。 私たちはイベント、コンファレンス、セミナー、出版、オンラインメディアからなるポートフォリオを通じて、世界中のサプライヤーとバイヤーのマッチメイキングの場を提供しています。 Informa Marketsは英国に本部を置き、世界各国で食品、美容、宝石、医薬品、ITなど450以上のBtoB展示会を主催しております。 沿革 インフォーマのルーツは、16世紀から17世紀にかけて栄えたロンドンの著名なコーヒーハウス「ロイズ・コーヒーハウス」( Lloyd's Coffee House)で、に週刊の出版ニュース雑誌「 Lloyd's List」の刊行が開始されたことに遡る。

>

医療機器の製造・設計に関する“アジア最大級”の展示会・セミナー「MedtecJapan2020」全国から自治体や新エリアへの参加が多数決定!2020年3月16日~18日東京ビッグサイト南ホールにて開催

異業種から医療機器サプライヤーとなった企業が、メディカル分野に進出したきっかけや、成功事例・ 失敗事例、課題解決方法、国や自治体の支援策の活用方法などを紹介します。 また、業界団体、政府団体などからの協力を得ながら、業界セミナーをはじめとする様々な併催イベントの企画・運営も行っていただきます。 米国は審査を主に規制の最新動向について。 食品、ジュエリー、ヘルスケア&製薬・医療、ビューティー、ファッション&アパレル、海事産業などのビッグイベントを開催するとともに、自社媒体である業界専門紙・誌を通じてコンテンツと情報を積極的に発信しています。 東京()にオフィスを持ち、や国際会議およびセミナーの企画・主催・運営を行っている。

>

インフォーマグローバルマーケットジャパン株式会社

を買収 、6月、イベント運営企業の UBM plcを買収した。 また、初のオンラインセミナー(主催:ジェネシス・ジャパン、富士通、日本オラクル、BEDORE)を両日に渡り開催します。 国際展示会の主催業務においては、国内外で出展社、来場者の募集活動を展開し、1年から2年の準備期間の中で具現化していきます。 自らの企画を実際の形にしていくための、大きなビジョンと行動力を兼ね備えた未来のプロデューサー。 へ社名変更する。 2020年8月3日• 私たちはイベント、コンファレンス、セミナー、出版、オンラインメディアからなるポートフォリオを通じて、世界中のサプライヤーとバイヤーのマッチメイキングの場を提供しています。 この様な声に応えるべく、異業種企業の視点から、医療機器業界において製品化、事業化を進めるにあたって知っておくべきことや問題点、その対応等を説明します。

>

インフォーマグローバルマーケットジャパン株式会社

多岐にわたる産業、地域にて開催されていることに加え、アジア、欧州、アメリカと各産業の主要市場をつなぐネットワーク型のプロジェクトも数多く、貴社の国際的なプロモーションの場として最適です。 本イベントでは、過去の常識にとらわれない、新しいコールセンターの機能や役割を、展示会とセミナープログラムを通じて示唆、提言します。 更新が激しい中国は、UDI、GMP 外国企業監査、GSP 監査、市販後管理、使用管理等、トータルライフサイクル管理と行政の取締り強化、医療機器法規制の変化、その最新の動向について解説する。 我々のプロジェクトに「こうでなければならない」という規制はありません。 (HP:)。 中途採用について グループ会社全体の事業拡大に伴い、下記の職種で、新たなスタッフを募集します! 【業務内容及び募集職種】 国際展示会主催業務• なお、開催については今後検討して参りますが、現在のところは未定です。

>

ヘルスケアIT 2021

【選考プロセス】 書類選考通過者のみ面接日時をご連絡致します。 社名 インフォーマ マーケッツ ジャパン株式会社 英文名称 Informa Markets Japan Co. 在宅やリモートワークが進む中で求められる、コールセンターの業務と機能を効率的、効果的に実現するため、そして、次世代のセンター構築と運用を成功に導くための製品・サービスが多数紹介されます。 QMS省令に対応するためには、企業は何をしなければならないのか、QMS体制構築時の課題とその対応(ノウハウの習得)、及び、認証申請における注意点とその動向、産学官連携から医療機器産業へ参入し10年間で経験した課題や事例から目指すべき戦略、考慮すべき事柄などについて知り、収益にどう貢献するか、持続可能なモデルなどについて考えます。 日本法人 日本法人「インフォーマ・グローバル・マーケット・ジャパン株式会社」は、ビジネスインテリジェンス部門の一部であるFinancial Intelligenceの一部門である「インフォーマ・グローバル・マーケット」(IGM)の日本法人にあたり、銀行や証券会社など金融市場の情報分析を提供する。 Exhibition World 2015年10月28日. 自社での医療機器製造や医療機器メーカーとのパートナーシップを検討されていらっしゃる方(開発、営業企画、製造担当等)を主な聴講対象者としております。 インフォーマの事業は現在、学術出版部門、ビジネスインテリジェンス部門、Global Exibition部門などに分かれている。 医療機器ビジネス特有の仕組み(法規制、業許可、品質マネジメントシステム、特許、商習慣等)について、基本的な実務のポイントを事例を含めて説明し、参入実例からも学べます。

>

採用情報

実際のイベント運営にあたっては、多数の協力会社を統率するリーダーシップも求められます。 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、展示会場での対応策を検討して参りましたが、出展社、ご来場者、関係各位の健康・安全への影響を第一に考え、医療機器業界関係者の外出・出張制限やイベント等への参加規制を踏まえ、円滑に有意義な展示会を開催することが難しいと判断しました。 プロモーションにおいては、出展企業にとってのコンサルタント的な能力も期待されるでしょうし、海外顧客のニーズを理解するための国際性も必要です。 将来的な事業計画策定へのヒントにしていただければと思います。 海外出展社との折衝、出展社誘致のための海外出張などを通じ、国際的な活躍が可能です。 UBMジャパンは、世界最大の展示会主催企業でもある同グループの日本オフィスとして世界各国のUBMオフィスと連動しながら、健康、食品、海事、医薬、医療機器、IT、ジュエリー、ファッション、ビューティー、ライセンスなどの産業分野において日本国内において展示会やコンファレンスを主催するとともに、他のUBMオフィスが世界各国で主催する展示会の中から、特に日本企業からの需要の高い展示会を選出し、その日本窓口として日本企業の誘致活動を行っています。 「 Lloyd's List」は現役のビジネス雑誌としては世界最古の歴史を有し、現在もインフォーマのビジネス・インテリジェンス部門で刊行が続けられている。

>

ヘルスケアIT 2021

29 次回開催の出展一次締め切りが近づいています。 今後とも「Medtec Japan」をどうぞよろしくお願いいたします。 インフォーマはに、 Lloyd's of London Pressと IBC Group plcの合併によって設立され、に学術出版で知られるテイラーアンドフランシスを買収しグループ企業に加えて以降 、企業買収によるグループの拡大を続けている。 Informa Markets Japan(インフォーマ マーケッツ ジャパン)は、世界にネットワークを持つInforma Marketsの日本支社です。 2018年にインフォーマに買収された UBM plcの日本法人は4月、「インフォーマ・マーケッツ・ジャパン株式会社」に社名を変更した。 ビジネスイベント運営やビジネス・インテリジェンス部門で売上を伸ばすと共に、学術出版部門でも高い売上を維持し、地域としては、アメリカ合衆国が売上の過半数を占めている。

>